ナルニア国物語

2005年のライオンと魔女編と2008年のカスピアン王子の角笛編に登場したニュージーランド有数の美しい風景を見に行きましょう。

あらゆる世代の子供たちに愛された、フォーンやサテュロス、ケンタウロスといった不思議な生き物たちの住む世界の物語が、ニュージーランドの映画監督アンドリュー・アダムソンの手で銀幕に描かれました。2005年に公開された『第1章:ライオンと魔女』は最高興行収入で歴代41位を記録しています。

続く『第2章:カスピアン王子の角笛』(2008年)もアダムソン監督が手がけ、2010年の『第3章:アスラン王と魔法の島』へと引き継がれました。

おすすめの関連情報

ロード・オブ・ザ・リング →

『ホビット』 3部作 →