クラウン山脈

現在のページ

クィーンズタウンとワナカを結ぶルートは2通りありますが、圧倒的な印象を残すのはクラウン山脈側の方です。全国でも特に標高の高い場所を走る道路です。

クラウン山脈はクィーンズタウンとワナカの間に横たわっています。この山脈を超えるクラウン・レンジ・ロードは、全国でも特に標高の高い場所を走る道路です。険しい地形を抜ける間、最高地点では1121mに達します。冬はしばしば氷雪に覆われ、通行が困難になります。

冬期5月から9月の間にクラウン・レンジ・ロードをドライブする場合は、必ずチェーンを積み込み、装着方法を知っておいてください。冬の運転についてはこちらをご覧ください。夏の間は交通量が多くなるので、ゆっくり運転し、常に注意するよう心がけましょう。

クィーンズタウンとワナカを結ぶ2通りのルートのうち距離が短いのはこちらですが、所要時間は長くなります。クロムウェル経由の一般的なルートよりはるかに難点が多いことを念頭に置いておきましょう。また、途中で休憩を兼ねて景色を満喫する時間を見込むことも忘れずに。車を降りると、山岳性のオウム、ケアが近寄ってくることもあります。

クィーンズタウン側からワナカ方面へ向かっていくと、途中、ヘイズ湖に至る道の分岐点が明確に表示されています。ジグザグ道を上るとクラウン・テラスです。ここからはアロータウンとリマーカブルズ山脈を見渡すことができます。

その後は峠まで傾斜のある上りが続きます。フランクトン、ワカティプ湖の一部、クィーンズタウンを一望する絶景を楽しんでください。最高地点で車を止めて展望ポイントまで歩いていくと、最高の眺めが広がります。ワナカ側は主に牧草地になっています。カドローナ渓谷を下っていく間、左側にはクラウン山脈、右側にはクリッフル山脈が見えます。この辺りはかつて金の採掘で栄えた場所です。その痕跡は今でもあちこちに残っています。歴史あるカードローナ・ホテルはニュージーランドでも特に古い宿泊施設です。レストラン・バーには、地元の工芸品が多数飾ってあります。

クラウン・レンジ・ロードをドライブする場合は、必ず事前に道路情報をチェックしてください。運転に慣れていない方やニュージーランドの道路状況を把握しきれていない方は、より一般的なクロムウェル経由のルートを選んだほうが楽しく過ごせるでしょう。 

フライト検索