美しい海岸線と風光明媚な大地に恵まれたワイララパは受賞ワインの産地でもあります。どんな必見アクティビティがあるかチェックしてみましょう。 

 

 

パリサー岬

景観を楽しむアドベンチャーを体験したい場合はマーティンボロからわずか1時間のところにあるパリサー岬 へ。プタンギルア・ピナクルズ景観保護区の森林を抜けると、全国でも有数の奇岩群が見られます。パリサー岬の灯台の上からは、北島の南端部が見渡せます。  運が良ければ、オットセイが姿を現します。

乗馬トレッキング

2500エーカーもの広大な範囲で乗馬のできるグラッドストーン・ホース・トレックスワイララパ地方の魅力に触れるのにぴったりです。乗馬の経験は必要ありません。静かな川辺の道をたどるのも、ギャロップで風を切って走るのも楽しいものです。牧場でじっくり過ごしたい場合はグランピング用のハットに宿泊することもできます。

フィッシングに挑戦

ワイララパでは通年フィッシングが楽しめます。海釣りではナウィやレイク・フェリー、キャッスルポイント人気です トラウトを狙うなら、ルアマハンガ川が名所として知られています。家族と一緒に水上に出て、美しい風景を眺めながら楽しんでください。

ワイナリー巡り

マーティンボロには30を超えるワイナリーがあり、ニュージーランドでも随一のピノ・ノワールの産地として知られています。マーティンボロ・ワイン・マーチャンツへ行けば、1ヶ所で様々な種類の地元産ワインを味わえます。ワイン・マップを手に入れて、徒歩かサイクリングで家族経営の小さなブドウ園を巡りながら、名産のピノ・ノワールの秘密を探ってみましょう。時間が限られている場合は、のんびりとくつろぎながら代表的なワインが網羅できるガイド付きツアーがおすすめです。

プカハ・ナショナル・ワイルドライフ・センター

家族で出かけるならマスタートンから北へわずか20分の場所にあるプカハ・ナショナル・ワイルドライフ・センターがおすすめです。世界で唯一の白いキーウィ、マヌクラのほか、トゥアタラ、ウナギ、カカ、コカコ、カカリキなど、絶滅の危惧されているニュージーランド固有の野生動物を見ることができます。日中、あちこちで解説が行われており、ランチや休憩にはカカ・カフェが利用できます。

キャッスルポイントのビーチで過ごす

ワイララパ地方を訪れるなら、1日はキャッスルポイントへ出かけてビーチで過ごすのが定番です。高さ162mのキャッスル・ロックの上まで登ると、ニュージーランドで最後に建設された有人灯台のひとつ、キャッスルポイント灯台があります。ビーチからすぐ近くの海に、ニュージーランド・オットセイや数種類のイルカがよく姿を現します。時折、小型のクジラを見ることもできます。キャッスルポイント付近では遊泳やフィッシング、ウォーキングなどを家族で楽しめます。

家族で遊べるマスタートン

マスタートンはワイララパにある5つの街のなかで最も大きく活気があり、家族に優しい環境が整っています。クィーン・エリザベス公園の遊び場はニュージーランドでも最高と言われ、ジップラインやパドルボート、レンタサイクル、ミニチュア列車、スケート広場、吊り橋、ミニゴルフなど多彩な設備が揃っています。

関連情報