アカロア

クライストチャーチ/カンタベリー

クライストチャーチ/カンタベリー

ハイライト

  • フランスの伝統とコロニアル様式の建築
  • 野生動物を見学できるハーバークルーズ
  • 美味しい食べ物

ロケーション

ニュージーランドで最もフランス的な町アカロアでは、多数の歴史的建造物と美しいハーバーの眺め、グルメが訪れる人々を待っています。

クライストチャーチ/カンタベリー
アカロア, クライストチャーチ/カンタベリー

ChristchurchNZ

クライストチャーチ/カンタベリー
ジャイアンツ・ハウス・カフェ、アカロア, クライストチャーチ/カンタベリー

ChristchurchNZ

クライストチャーチ/カンタベリー
アカロア・ハーバーと桟橋, クライストチャーチ/カンタベリー

ChristchurchNZ

クライストチャーチ/カンタベリー
アカロア・ハーバーでカヤック, クライストチャーチ/カンタベリー

Julian Apse

クライストチャーチの南東に位置するバンクス半島は、アクセスしやすく、南島でも特に興味深い火山性地形の楽しめる場所です。もとは円錐形の火山丘が2つ並ぶ島でしたが、現在はいずれも巨大なクレーターとして残っており、一方はリトルトン港、もう一方はアカロア港となっています。半島の名前は、キャプテン・クックとともにエンデバー号に乗り込んでいた植物学者、ジョゼフ・バンクスに由来します。

半島の南東側に位置するアカロア湾は風雨の影響を受けにくく水深のある天然の良港です。ニュージーランドで唯一、フランス移民が入植した場所なので、他の地域とは雰囲気が異なります。

開拓のきっかけとなったのは、1838年にフランスの捕鯨船船長ラングロワが、捕鯨の拠点に理想的な場所と認めたことです。彼は地元のマオリから半島を買収しましたが、その土地取引は不審なものであったと伝えられています。彼は後にフランスに戻り、フランスとドイツから家族でニュージーランドに移民する人々を集めて、植民地へと送り込みました。

しかし、バンクス半島にフランスの捕鯨船船長ラングロワと入植者が到着する1840年8月までに、ワイタンギ条約はすでに署名 (アカロアの首長2人を含む)されており、 ニュージーランド最初の総督、ホブソンはニュージーランド全国にわたる主権を宣言していました。

予期しない情勢の変化にもかかわらずフランス人入植者はそのまま滞在することを決めました。アカロアにあるフランス語の通りの名前や植民地時代の魅力的なコテージは彼らの遺産です。

アカロアを探索する一番の方法は徒歩です。ルー・ラヴォ-(ラヴォ-通り)とルー・バルゲリー(バルゲリー通り)の角にあるインフォメーション・センターから散策をスタートし、パンフレットや地図を見ながら、行き先を決めましょう。

地元にあるフランス料理レストランを訪れたり、 100年以上も前から続くオリジナルの方法そのままで作られているバリーズ・ベイ・チーズを目指すのがおすすめです。搾乳のシーズン中には一日おきに見学用の窓から賞を取ったチーズを作っている様子を見ることができます。

自分で歩きながら歴史的なコテージを巡るのもよいでしょう。アカロアの歴史を紹介するオーディオ・ビジュアルの展示がある博物館は必見です。時間があればドルフィン、ペンギンやオットセイなどが見学できるハーバー・クルーズに参加しましょう。

基本情報: 人口約700人、インフォメーション・センター、レストラン、銀行あり。

続きを読む閉じる
フライト検索

こんなコースもあります

クライストチャーチ →

クライストチャーチ/カンタベリー →

カンタベリー一番のおすすめアクティビティ →