首都ウエリントンは芸術の街

現在のページ

ウエリントンはアーティストが多く集まる都市です。芸術作品を鑑賞したり、アートや工芸品を購入したりするのにおすすめのスポットを紹介しましょう。

ニュージーランド国立博物館 テ・パパ・トンガレワ

テ・パパは、ニュージーランドの進取的かつ想像力に富む展示で知られる国立博物館です。ガイドブック、ロンリー・プラネット誌では世界で体験すべきトップ 500に名を連ねています。ニュージーランドの物語や歴史にちなんだ貴重な収集品を展示している、必見の博物館です。テ ・ パパにあるショップでは、ニュージーランドでも最も才能あるアーティストの作品を販売しています。2 階には子供専用の別のショップがあります。

アカデミー・ギャラリーズ

ニュージーランド美術アカデミーの作品を紹介するアカデミー・ギャラリーズ(Academy Galleries)では、興味深い歴史についての展示や、年間を通して国内外のアーティストの作品を企画展示しています。ほとんどの作品は、低い手数料で販売されています。

豊富なギャラリー

クリエイティビティの中心地でもあるウエリントンには50以上ものギャラリーが点在しています。そのひとつ一つがユニークであり、どれも必見です。その中でも地元でも人気があるのはこちらです。
クラ・ギャラリー(Kura Gallery) - マオリのオリジナル美術工芸作品を幅広く展示。
ギャラリー・ワン(Gallery One) - ニュージーランドのアート作品を専門に販売。
アヴィッド・ギャラリー・リミテッド(AVID Gallery Ltd)、ピーター・マックリーヴィー・ギャラリー(Peter McLeavey Gallery)もおすすめです。

おすすめの美術館

これらのギャラリーでは作品を販売していませんが、展示されている芸術作品やそのクリエイティビティに触れればうれしい気分になれるはずです。

  • 市立美術館(City Gallery) - ウエリントンの中心部に位置し、地元ウエリントンやマオリ、南太平洋出身のアーティストの作品を専門に世界中から集めた現代アートを中心に展示しています。
  • ニュージーランド・ポートレート・ギャラリー(New Zealand Portrait Gallery) - 肖像画を所蔵、展示しています。著名人の顔もあれば、一般の人々も描かれています。これらの肖像画からニュージーランドの国が見えてきます。
  • ミュージアム・アート・ホテル(Museum Art Hotel) - たいていホテルは美術館巡りのリストに載ることはありませんが、ここはちょっと違います。ミュージアム・アート・ホテルは、お客様が鑑賞できるように国内のアーティストの作品を常にたくさん展示しています。
フライト検索

周辺地域のおすすめ

さまざまな商品が並ぶマーケット →

ウエリントンのファッション街 →

ウエリントンでショッピングに人気のスポット →