畏敬に満ちたハカに迫る

ハカの迫力は圧倒的です。畏敬に満ちたハカを実際に目にするときは、心して臨みましょう。

ハカはマオリの人々の伝統的な踊りで、戦場で敵と対面するときや和平を結ぶ際に、一族のプライドをかけて披露する慣わしがありました。気迫に満ちたハカは部族の強さと結束力を表す手段だったのです。勇ましく足を踏みならし、体を叩いたり舌を突き出したりして、リズムに合わせて踊ります。同時に大声でたたみかける歌詞は、先祖の系統や部族の歴史を詩にしたものが多いようです。

ハカは現代マオリの暮らしの中にも息づいており、お祝い事や客人を歓迎する儀式など、社会的に重要な場面で敬意をもって披露されます。また、相手を威嚇するという面は、スポーツで受け継がれています。ラグビーの試合を目前にニュージーランド代表オールブラックスが行うハカは特に有名です。あのハカを見れば、思わずすくみ上がってしまうのも無理はない、と思えるでしょう。

タラナキ
ハカ, タラナキ

James Heremaia

タラナキの学生が、マオリの伝統芸能の大会でハカを披露しています。

ハカをライブで見るなら、カルチャーショーやマラエ(集会場)訪問に参加するのがおすすめです。