マオリの伝統芸能 カパ・ハカ

カパ・ハカは先住民マオリの伝統芸能です。迫力と見応えのあるパフォーマンスを通じて、ニュージーランドの文化に親しんでください。

マオリの伝統芸能カパ・ハカは直訳するとラインダンスという意味になります。歌と呼びかけと踊りを組み合わせた迫力あるパフォーマンスは心に響くことでしょう。カパ・ハカは特別なイベントや行事の際に、マラエや学校に所属するグループで披露されます。ニュージーランドにいる間にぜひ、その熱気を実際に味わってみてください。

カパ・ハカの構成は様々で、掛け声や合唱、優雅な舞いもあれば、戦いに臨む勇猛な踊りもあり、伝統の武器を巧みに操る場面も見られます。

ロトルア
マオリの集会所, ロトルア

Te Puia

伝統芸能はファレヌイというマオリの集会所でよく行われています。

ワイアタ・ア・リンガ

踊りながら歌うワイアタ・ア・リンガは、手を震わせる動きが特徴的です。ウィリと呼ばれるこの手の動かし方によって、きらめく海や熱気の波、そよ風に揺れる木の葉などが情感豊かに表現されます。伴奏にはギターがしばしば使われます。ゆったりとしたもの、テンポの速いもの、楽しいもの、遊び心のあるものなど、前後の流れや主旨によって様々なワイアタ・ア・リンガがあります。

ポイ

ポイは紐のついたお手玉を使ったダンスです。通常グループで行われ、全員が動作を揃え、器用にポイを回しながら踊ります。手や体の一部でリズムよく玉を打ち返す音は、まるで打楽器のようです。ポイ・ダンスは主に女性が行います。優雅に、美しく、魅力的な表現ができるようになるには、相応の熟練が必要です。

New Zealand
ポイ・ダンス, New Zealand

James Heremaia

マオリのポイ・ダンスはひもの付いたボールをうまくコントロールしながら踊る伝統芸能です。

ハカ

ハカは戦いに臨む踊りです。大きな掛け声とともに力強く手を動かし、足を踏みならしたり、太ももを打ったりしてリズムをとります。また、タイアハ(槍)やパトゥ(棍棒)といった伝統の武器もよく用いられます。ラグビーの代表チーム、オールブラックスの試合前のハカは特に有名で、カルチャーショーでもよく披露されています。

プカナ

プカナと呼ばれる顔の表情は、マオリの伝統芸能ではとても大切な要素です。勇猛さや情熱を顔に表すことで、ハカやワイアタの重要なポイントを強調しています。女性のプカナは、目を大きく見開き、モコ(入れ墨)を施した顎を突き出すものです。男性の場合は、目を見開くとともに、舌を大きく出したり、くいしばった歯を見せたりします。見るからに威圧感がありますが、必ずしも攻撃的な意味合いを持つわけではなく、感情の強さや深みを添えるためにも加えられます。

ロトルア
ウェロ - 挑戦の儀式, ロトルア

Graeme Murray

タマキ・マオリ・ビレッジ前に到着しても、歓迎の儀式が終わるまでは誰も部族の土地に入れません。

旅の目的地

マオリの伝統芸能は主に以下のような場所で体験できます。