ポフィリ - マオリの歓迎式

現在のページ

ポフィリ(歓迎の儀式)はマオリの伝統を実際に体験できる
貴重な機会です。

ポフィリは通常マラエ(マオリの集会場)で行われます。マラエはマオリの集落の中心に必ずある重要な施設です。

挑戦から始まるポフィリ

ポフィリはマラエの外でウェロ(挑戦)から始まるのが普通です。タンガタ・フェヌア(ホストとして迎える側の集団)の戦士がマヌヒリ(訪問者の集団)を敵か味方か判別するために威嚇の動作や表情を見せます。タイアハ(槍のような武器)を用いることもあります。そして地面に小さな枝など証となるものを置きます。訪問者がそれを拾えば友好的な訪問であることを意味します。

歓迎の呼びかけ

ホスト側の年長の女性がマヌヒリに対してカランガ(呼びかけ)を行います。これが訪問者にマラエ内への入場を許可する合図となります。訪問者側の女性はこれに応答する呼びかけを行います。訪問者は女性グループ、男性グループの順にゆっくりと静かにマラエ内へと歩いていきます。途中、足を止めて亡くなった祖先へ黙祷を捧げます。

スピーチと歌

マラエ内に入ったらファレヌイ(集会所)の前、あるいは中でホスト側と訪問者側が向かい合って座ります。ここで両サイドの通常は年長の男性がスピーチをします。それぞれのスピーチの後には仲間が歌を歌います。スピーチが終わると、訪問者側からホスト側へコハ(贈り物)が渡されます。

挨拶と食事

儀式の最後には訪問者とホストがお互いに鼻を合わせるホンギを交わします。ポフィリが終了すると、マオリ伝統のマナアキタンガ(もてなし)の精神にのっとり、カイ(食べ物)を全員で取り分けて食べます。

旅の目的地

ポフィリを体験できる場所はたくさんあります。ここに紹介するのはほんの一部です。