マオリ伝統のハンギ料理

現在のページ

ハンギは地中のオーブンで調理するマオリの伝統料理です。

ハンギの作り方

昔ながらのハンギは、下ごしらえとして食材をフラックスの葉で包みます。現代では布袋やアルミホイル、網かごなどが用いられるほか、一食分ずつアルミ容器に入れ、厚紙で蓋をしたハンギパックもよく使われています。

地面に穴を掘り、底に焼け石を、その上に食材を入れた籠を置いて、湿らせた布を被せます。続いて穴を土で埋め戻すと、焼け石の熱が保たれ、食材に伝わっていきます。

分量にもよりますが、出来上がりまでは3〜4時間かかります。

New Zealand
ハンギ, New Zealand

Sarah M Stewart

地中のオーブンを使った料理

 その昔は魚、鶏肉、さつまいもなどの根菜類を主な材料にしていました。

現代では、豚肉、羊肉、じゃがいも、かぼちゃ、キャベツ、洋風練り団子がしばしば含まれています。

時間をかけてゆっくりと熱を通していくので、肉はほろりと崩れるほど柔らかく、野菜は風味豊かに仕上がり、燻製に似た土と煙のかすかな香りが味に深みを添えています。

ロトルア
ハンギの準備, ロトルア

Chris Williams

マオリのハンギ料理は常にチームやコミュニティの協力があってこそです。

ハンギを体験するには

食を通じて人々との交流を楽しめるハンギはマオリ文化の体験にぴったりです。

ロトルアやベイ・オブ・プレンティの地熱地帯では、蒸気や熱水を利用したユニークなハンギ作りに挑戦することができます。

ハンギで文化体験

関連情報

ニュージーランドの人気メニュー →

グルメ&ワインの祭典 →