セントラル・オタゴ一番のおすすめアクティビティ

現在のページ

セントラル・オタゴは受賞ワイナリーと、ゴールドラッシュ時代の歴史、ドラマチックな風景で知られています。セントラル・オタゴを訪れるなら見逃せない体験のトップ8をご紹介します。

ネイズビーでカーリングに挑戦

セントラル・オタゴでは130年以上前からカーリングが親しまれています。もとはスコットランドから金の採掘に来た移民が持ち込んだスポーツです。ほうきを手にしたことがなくても、誰もが気軽に楽しめます。ネイズビーにはカーリング用の屋内リンクがあるので、暑い夏でも寒い冬でも挑戦できます。

アラスカン・マラミュート犬と触れ合う

犬ぞりに関心のある方はリアル・ドッグ・アドベンチャーズを訪れるとユニークな体験ができます。 犬たちの様子を見て、しばらく触れ合ってから犬ぞりで出発します。希望すれば交代でハーネスを手にすることもできます。トレイルを進む間、チームと一緒に写真を撮る機会はたっぷりあります。セントラル・オタゴの美しい背景も記念になるでしょう。

「マクラーレン」で究極の体験を

究極のスピードを体験するなら、ハイランズ・モータースポーツ・パークへ。「スーパーカー・ファースト・ダッシュ」を選ぶと、プロのレーサーの隣に座って、わずか3秒で時速100kmに達するマクラーレン650の威力を実感できます。アドレナリンが全身を駆け巡る、またとない体験となるでしょう。

歴史ある美しい町を探索

セントラル・オタゴにはゴールドラッシュ時代に拓かれた町がたくさんあります。歴史的建造物や金の採掘で賑わった時代の名残りは、オフィアバノックバーンクライドネイズビーなど、あちこちで見られます。バノックバーン・スルーシング・ヒストリック・リザーブを訪れると、水路やダム、トンネル、立て坑などがあり、金鉱にまつわる歴史を垣間見ることができます。

セントラル・オタゴのアートめぐり

セントラル・オタゴ・アート・トレイルに沿って、地元在住の芸術家のアトリエを訪ね歩きましょう。絵画、彫刻、陶芸、写真、服飾、木彫、特注家具、宝飾品、音楽、ダンス、演劇、文芸など、ありとあらゆる分野のアートに迫ることができます。

地元グルメを堪能

セントラル・オタゴはピノ・ノワール種のブドウを筆頭に、様々な作物の栽培に適しています。ワイナリーだけでも80軒以上ありますので、ワインテイスティングが思う存分楽しめます。ワインの他にも、オリーブ、ジュース、はちみつ、ハーブ、チーズ、肉類など、たくさんの特産物があります。セントラル・オタゴ名物の道端の無人販売所に並ぶ果物もぜひ味わってみてください。セントラル・オタゴの夏の果物には風味が凝縮されており、世界でもトップクラスと言われています。

クルーサ川でクルーズ

クルーサ川を行くヘリテージ・クルーズで時代を遡るゆったりとした旅を楽しんでください。美しい風景を眺め、座席でくつろいでいる間、金の発見からゴールドラッシュ時代、その後の衰退に至るまでの歴史が解説されます。川辺の金鉱跡や鉱夫の住んでいた小屋などに当時の様子が偲ばれるでしょう。

ロクスバラ・ゴージ・トレイルとクルーサ・ゴールド・トレイル

セントラル・オタゴを代表する2つのトレイルでサイクリングやウォーキングをすると、独特の風景と歴史に親しむことができます。ロクスバラ・ゴージ・トレイルはアレクサンドラからロクスバラのダム湖まで、クルーサ・マタ・アウ川に沿って伸びています。道中で、金の採掘で賑わったことを今に伝える痕跡や、両岸が最大350mの崖になっているドラマチックな風景が見られます。クルーサ・ゴールド・トレイルはロクスバラのダム湖を起点とし、クルーサ・マタ・アウ川に沿ってボーモント峡谷まで続いています。途中、農場地帯の谷や旧ロクスバラ支線の鉄道跡を通って、ローレンスに至ります。

ニュージーランド旅行の計画を始めましょう

ポイントを地図で確認しましょう

旅のアイデア

ワナカ一番のおすすめアクティビティ →

クィーンズタウン一番のおすすめ →

オアマルとワイタキ一番のおすすめアクティビティ →

ダニーデン一番のおすすめアクティビティ →