ネルソン・タスマン一番のおすすめアクティビティ

ネルソンを訪れるなら、国立公園をめぐり、地元のアーチストと出会い、特産のワインを味わえるよう時間にゆとりを持たせておきましょう。ネルソン・タスマンを訪れるなら見逃せない体験のトップ8をご紹介します。

遊覧飛行で空の旅

ヘリコプターに乗って、ネルソン周辺にある3つの美しい国立公園を一望しましょう。世界一の透明度を誇るロトマイレフェヌア湖も見られます。 レイド・ヘリコプターズではトラウト・フィッシングを目的に奥地をめざす人々を案内しています。その他、ワイナリーめぐりやロード・オブ・ザ・リング3部作のロケ地ツアーなど、お好みのアドベンチャーが楽しめます。

装着する芸術の世界へ

ワールド・オブ・ウェアラブル・アート&クラシック・カー博物館は毎年開催されるイベントをテーマに、自由な着想で創造された作品を展示しています。展示品は年に2回変更されているので、しばらくしてからまた訪れてみるのもよいでしょう。オセアニアで最大規模のコレクションが並ぶクラシックカーのギャラリーも見る価値があります。

ゴールデン・ベイを訪れる

フェアウエル・スピット・エコ・ツアーが南島の北端に位置するフェアウェル岬とプポンガの美しい自然へとご案内します。岩場で日向ぼっこをするオットセイの親子を崖の上から眺め、灯台付近から壮大な風景を楽しんでください。その後は南半球で最大の淡水泉、テ・ワイコロププ・スプリングスに立ち寄ります。

地元の芸術に親しむ

ネルソン・タスマン地方では300人を超える芸術家が創作活動に励んでいます。絵画、彫刻、陶芸、ガラス工芸、宝飾品からパフォーマンスアートや文芸に至るまで、クリエイターの宝庫なのです。地元のマーケットやギャラリー、スタジオなどを訪れると、作者から直接購入できます。きっとユニークなお土産になることでしょう。映画ロード・オブ・ザ・リングに登場した一つの指輪を手がけたイェンツェ・ハンセンもネルソンを拠点としています。

グレート・テイスト・トレイルのサイクリング

ネルソン・タスマン周辺の美しい風景を自転車で満喫しましょう。このトレイルは一部区間を選んで走ることもできます。道中にはワイナリーや醸造所、果樹園、アートギャラリー、ブティックなど魅力的な場所がたくさんあります。自転車のレンタルやサイクリングに関するアドバイス、ツアーの手配などについてはトレイル・ジャーニーズザ・ジェントル・サイクリング・カンパニーネルソン・サイクル・ハイヤー&ツアーズウィーリー・ファンタスティック・サイクル・ツアーズといった現地会社に問い合わせてみてください。

南北両島の間でスカイダイビング

アベル・タスマン国立公園の上空でスカイダイビングに挑戦しませんか。ニュージーランドの北島と南島の両方を見下ろすことができます。山より高く舞い上がると、緑の丘陵地や川、果樹園、ブドウ園、金色のビーチが織りなす壮大な風景に圧倒されるでしょう。スカイダイブ・アベル・タスマンではいつまでも思い出を大切にできるよう、すべてをHDビデオに収録するサービスを提供しています。

ホップの産地

ニュージーランド産のホップはすべて、理想的な環境に恵まれたネルソンで栽培されています。ファウンダーズ・ヘリテージ・パークからゴールデン・ベイのオネカカまでの範囲に、クラフトビールの醸造所が11ヶ所も点在しています。たっぷり1日かけて地ビールめぐりに出かけるのに、これ以上の理由は要らないでしょう。同じビールの旅でも歴史を体感したい場合は、ニュージーランドでも特に古いパブとして知られるモウテレ・インか、キャプテン・クックの名前を冠したビールの味わえるマッスル・インがおすすめです。

アベル・タスマン国立公園

南島の北端に位置するアベル・タスマン国立公園ではウォーキングやカヤック、クルーズなどが楽しめます。穏やかな海はセイリングやカヤックにぴったりです。途中、オットセイやイルカなどが戯れる様子もしばしば見かけられます。陸上のほうが好みという方は、緑豊かな原生林に覆われた石灰質の崖や黄金色の砂浜をいくつも通るアベル・タスマン・コースト・トラックをぜひ歩いてみてください。

ニュージーランド旅行の計画を始めましょう

旅のアイデア

セントラル・オタゴ一番のおすすめアクティビティ →

カイコウラ一番のおすすめアクティビティ →

フィヨルドランド一番のおすすめアクティビティ →