ネルソン・タスマンのおすすめ トップ10

ネルソン・タスマン地方に行くなら、3つの国立公園を探索し、黄金色のビーチで日光浴をして、地元のワインを味わいましょう。

ネルソンと周辺地域の見どころとアクティビティのトップ10をチェックしておきましょう。

アベル・タスマン国立公園を探索

南島の北端に位置するアベル・タスマン国立公園ではウォーキングやカヤック、クルーズなどが楽しめます。穏やかな海はセイリングやカヤックにぴったりです。途中、オットセイやイルカなどが戯れる様子もしばしば見かけられます。陸上のほうが好みという方は、グレート・ウォークの一つ、アベル・タスマン・コースト・トラックをぜひ歩いてみてください。緑豊かな原生林に覆われた石灰質の崖や黄金色の砂浜をいくつも通ります。

ホップ栽培の本場へ

ネルソン・タスマンは南島で初めてワイナリーを商業運営した地方です。ホップの栽培にも最適な条件に恵まれており、ニュージーランド産のホップはすべてここで生産されています。クラフトビールの醸造も盛んで、ナショナル・ジオグラフィックの選ぶサイダーの美味しい世界の都市ランキングに名前があがりました。丸一日かけて醸造所めぐりで味比べをするか、マーチフェスト(opens in new window)ニュージーランド・サイダー・フェスティバル(opens in new window)といったイベントに出かけて堪能してください。

南北両島の間でスカイダイビング

アベル・タスマン国立公園(opens in new window)の上空でスカイダイビングに挑戦しませんか。ニュージーランドの北島と南島の両方を見下ろすことができます。山々と緑の丘陵地、川、果樹園、ブドウ園、金色の砂浜などが眼下に広がる絶景に思わず息をのむことでしょう。飛行機の外に出ることなくネルソン・タスマン地方の美しい景観を見渡したい場合は、ヘリコプターや固定翼機による遊覧飛行をどうぞ。

ファウンダーズ・ヘリテージ・パークの博物館

ファウンダーズ・ヘリテージ・パークは家族で過去への旅を楽しめる人気のアトラクションです。緑豊かなガーデンの中に、趣ある立派な建物が並んでいます。輸送機として活躍したブリストル・フライターに入ってみたり、ホップとビールの博物館を見学したり、列車に乗って園内を巡ったりできます。ウインドミル・ショップでショッピングも楽しめます。

ネルソン・レイクス国立公園

すぐ近くに国立公園が3つもあるネルソンはあらゆるアウトドア・アクティビティの拠点となっています。ネルソン・レイクス国立公園はネルソンから1時間半の場所にあり、紺碧の湖と金色の山々、ブナの森林が美しい風景を織り成しています。日帰りで出かけてロトイティ湖で泳いだり、レイクフロントを軽く散策していきましょう。さらに奥へ進み、ブッシュライン・ハットかスピアグラス・ハットに宿泊して戻ってきてもよいでしょう。

ゴールデン・ベイへ

ゴールデン・ベイ方面へ向かうなら、南半球で最大の泉、テ・ワイコロププ・スプリングスは必見です。

35kmもあるフェアウェル・スピットの砂州は、様々な野生動物のすみかとなっている広大な野鳥保護区です。ツアーに参加して、南島の北端、フェアウェル岬まで行ってみましょう。灯台からの絶景を眺め、眼下の岩の上で日向ぼっこしているオットセイを見ることができます。

ネルソンのクラシックカー博物館へ

ネルソン・クラシックカー博物館(opens in new window)には100年を超える自動車の歴史を物語る車両が約150台展示されています。雨の日や家族旅行でも気軽に立ち寄れる、人気のアトラクションです。

スリルあふれるホワイトウォーター・ラフティング

アドベンチャー志向の方はぜひネルソンからマーチソンまで足をのばしてみてください。マーチソンは4つの河川が流れる平野の一端にあり、ニュージーランドでも有数の急流を活かしたホワイトウォーター・ラフティングやカヤックが盛んです。また、フライフィッシングの名所として国際的にも有名です。ブラー峡谷でジェットボートに乗れば、忘れられない体験になるはずです。

地元のアートに親しむ

ネルソン・タスマン地方は、制作活動に励むアーティストとギャラリーの多さでも随一です。絵画、彫刻、ガラス工芸、宝飾品、文芸、クリエイティブなど、あらゆるジャンルの作品が熱心な芸術家の手で生み出されています。地元のマーケットやギャラリー、アトリエを訪れれば、作者から直接、ユニークな旅のお土産を購入することができます。

グレート・テイスト・トレイルのサイクリング

ネルソン・タスマン周辺の美しい風景をサイクリングで満喫しましょう。タスマンズ・グレート・テイスト・トレイルは、ブドウ畑や醸造所、果樹園、アートギャラリー、ブティックなどに立ち寄りながら楽しめます。一部区間のみでも、全体を通しででも走ることができます。もっと本格的なアドベンチャーを望むなら、カイテリテリ、コジャーズ、ワイロアなど近隣にあるマウンテンバイク・パークへ行くとよいでしょう。

旅のアイデア

セントラル・オタゴのおすすめアクティビティ