ジェットボート

現在のページ

ジェットボートは季節も年齢も体力レベルも問わず、誰でも楽しめるアクティビティです。ボートに乗って席につきベルトを締めたら、そこから急激に加速するスリルの世界が始まります。

ジェット機と同様、ジェットボートには外から見えるプロペラは付いていません。ジェットボートは、ボート後部の水面に高速で水を噴出することで推進力を得ているので、水深数センチの浅い場所でも航行できます。

ジェットボートは1960年代にニュージーランドのファーマー、ウィリアム(ビル)・ハミルトンによって発明されました。彼は水深の浅いカンタベリー地方の川で使える船が欲しくて、自分で開発したのです。起業家精神あふれるニュージーランド人は、アドベンチャー・アクティビティとしての可能性を見逃しませんでした。

ジェットボートに乗れば、幅の狭い渓谷を岩壁すれすれで通り抜けたり、小石の積もった川原で網状に流れる川を疾走したりといった体験が楽しめます。

スリルを満喫したい方には、クィーンズタウン郊外やカンタベリー地方のジェットボートがおすすめです。その他、南島のブラー、マカロラ周辺や、北島のランギタイキ川、ワンガヌイ川、ワイカト川でも体験できます。

続きを読む閉じる
フライト検索