ホエール・ウォッチング

現在のページ

南島の東海岸に位置するカイコウラは、世界有数のホエールウォッチング・スポットです。

沿岸にはマッコウクジラが生息しており、通年、体長15mにも及ぶ巨大な姿が見られます。ほかに、12月から3月にはシャチ、6月と7月にはザトウクジラも現れます。

カイコウラ近海にクジラが多いのは、このエリアの海底が大陸棚の端に位置し、急激に水深が深くなっているからです。カイコウラ沖の海底はいくつもの海溝に接し、北からの暖流と南からの寒流がぶつかる場所でもあるため、栄養分豊富な深海の海水が水面近くまで押し上げられて海洋動物たちの餌となるプランクトンやオキアミが集まるのです。このことから、カイコウラにはクジラ以外にもイルカやオットセイも多数生息しています。

フライト検索