ヒーフィー・トラック

4-6 日間

78.4 km

ハイライト

  • ユニークかつ多様な風景
  • 興味深い植生
  • グリーンストーンにまつわる遺跡

ロケーション

  • By car: ウエストポートから1時間10分
  • By car: タカカから1時間

難易度: 初級〜中級者向け

現在のページ

タソックの茂みとニカウヤシの生育する緑豊かな森林を抜け、ウエストコーストの荒々しい海岸に至るこの道は、古来マオリの人々が往来してきました。

ウエストコースト
Heaphy Track, ウエストコースト

Miles Holden

ウエストコースト
Heaphy Track, ウエストコースト

Miles Holden

ネルソン
Hiking the Heaphy Track, ネルソン

NelsonNZ

ウエストコースト
ヒーフィー・トラック, ウエストコースト

thfcjohn

ネルソン
カラメア, ネルソン

Tourism New Zealand

ウエストコースト
Heaphy Track, ウエストコースト

Miles Holden

コントラストを楽しむ

数あるグレート・ウォークのなかでもヒーフィー・トラックは特に明瞭なコントラストが楽しめるコースです。区間ごとに特色が異なり、うっそうとした降雨林、亜高山帯のタソックの草原、高く険しい山々、低地林とヤシの木に縁取られたビーチへと風景が変化していきます。全長82kmの本格的なコースですが、刻々と変わる景色が足の疲れを忘れさせてくれます。

トラックのあるカフランギ国立公園は全国で2番目の規模を誇る国立公園で、オオマダラキーウィの生息地となっています。カフランギで目にする岩の造形は、地質学者でなくとも興味深いものに映るでしょう。石灰岩や大理石を基盤とする一部の地域では、多数の洞窟と絶壁、天然のアーチ、陥没穴、浸食を受けた岩が特徴的な風景を形作っています。ニュージーランドで最大の洞窟群もこの公園内にあります。

ヒーフィー・トラックはもとはゴールデン・ベイ周辺からポウナム(ヒスイ)を求めて西海岸側の川へ向かったマオリの人々が通行した道です。ポウナムは道具や武器、装飾品に加工され、珍重されていました。

 

ウエストコースト
ヒーフィー・トラック, ウエストコースト

bdearth

ヒーフィー・トラックを歩く

1日目 ブラウン・ハット > ペリー・サドル、17.5km

ブラウン・ハットから出発し、ブラウン川の上流に向かって歩いていきます。ブラウン川にかかる橋を渡ると、その先から次第に上りになり、アオレレ渓谷の美しい景色を見渡せる尾根に至ります。よく晴れた日には、北島のタラナキ山を望むこともできます。このトラック上ではここが最も標高の高い場所となります。その後少し下りになり、ペリー・サドル・ハットまで歩きます。近くにある天然のプールは充分な水深があります。水温が低いので、誰にでもおすすめできるわけではありませんが、泳ぐと疲れが吹き飛ぶほど爽快な気分になれます。

2日目 ペリー・サドル > サクソン・ハット、12.4km

この日もグーランド・ダウンズまではタソックの草原を進みます。途中にある名物のブーツのトーテムポールは、長年の間、ハイキングに訪れた人々が残していったブーツがちょっとしたオブジェになったものです。 コレクションに追加してみたい方は予備のブーツを持っていくとよいでしょう。また、この辺りには石灰質の岩が多く、滝や洞窟を見に行くこともできます。懐中電灯を手に、洞窟をすみかにするクモなどを探してみる人もいます。その先、サクソン・ハットまではほぼ平坦なタソックの草原が続きます。 

3日目 サクソン・ハット > ジェームス・マッケイ・ハット、11.8km

蛇行する川にかかるいくつもの橋を渡りながら、タソックの草原と低木林をさらに進みます。 足下を見ると、ピンク色がかった花崗岩の輝きに気がつくでしょう。ジェームス・マッケイ・ハットはトラックから少し上がったオープンな台地にあります。ここからはタスマン海とヒーフィー川の両方が見えます。 

4日目 ジェームス・マッケイ・ハット > ヒーフィー・ハット、20km

まずはコファイやキャベッジツリー、ニカウヤシの茂る降雨林の中をヒーフィー川に向かって少しずつ下っていきます。 途中、少し寄り道してニュージーランドの最大のラタの木を見ていきましょう。川の上流域には、全長148mの大きな吊り橋があり、河岸平野と川の流れを見下ろすことができます。河口に向かって下りていくうちに、ニカウヤシが目立つようになり、絶え間なく押し寄せる波のとどろきが聞こえてきます。潮や風向きによっては、川を逆流する波が見えることもあります。ヒーフィー・ハットは強風の影響を避けて、海から離れた場所に設置されています。

5日目 ヒーフィー・ハット > コハイハイ駐車場、16.2km

ヒーフィー川が海に注ぐあたりは幅が狭まっているので、川の水と逆流しようとする海水がぶつかり、勢いよく流れる様子は迫力があります。この日のハイキングは大半が森林の中です。途中、数カ所にビーチもあります。少し開けたスコッツ・ビーチで一休みしたら、コハイハイ・サドルの峠を越え、川にかかる橋を渡ります。少し先のコハイハイ駐車場には避難所と公衆電話があります。

続きを読む閉じる

環境保全省

詳しい情報とハイキングマップは下記のリンク先で参照できます。

ヒーフィー・トラック

宿泊

トレッキング中

ヒーフィー・トラック上には、DOC(環境保全省)のハットが7ヵ所、キャンプ場が9ヵ所あります。ハットでは暖房設備とトイレ、寝台、水が利用できます。一部はガス調理設備と照明も設置されています。 ハットもキャンプ場も事前予約が必要です。 

トレッキング前後

ヒーフィー・トラックは周回コースになっていないので、東から西へ歩くか、西から東へ歩くかのいずれかを選択することになります。西側から出発する場合はウエストポートの様々な宿泊施設が利用できます。東側から出発する場合は、ネルソン地方のタカカの町に多数の宿泊施設があります。  

ツアーで歩く

トレッキング専門のツアー会社がいくつもあり、ガイド付きのトレッキングを催行しています。以下はその代表的なものです。

個人で歩く

このトラックを個人で歩く場合は、DOCで宿泊施設を予約する必要があります。料金はコースによって異なりますので詳ししくはDOCウェブサイトをご参照ください。ピーク時期は早めの予約をおすすめします。

関連情報

  • 全国のDOCビジター・センターでハットやキャンプ場の予約を代行しています。ただし所定の予約手数料がかかります。 
  • ニュージーランドでアウトドア体験を満喫するために、アウトドアと安全 についてよく理解しておきましょう。
フライト検索

こんなコースもあります

ニュージーランドの「グレート・ウォーク」 →

泊りがけハイキング →

南島でハイキング →

ハイキング →