ミルフォード・トラック

loading placeholder image
4 日間 53.5km

ハイライト

  • ニュージーランドで最も落差のある滝
  • 素晴らしい渓谷と川の景色
  • 氷河によって削られたフィヨルド

ロケーション

グレード:初級〜中級者向け

シーズン:10月下旬から4月下旬

ミルフォード・トラックのフィヨルドと山々の風景は、150年以上にわたり世界中のアウトドア愛好家を魅了しています。

ニュージーランドを代表するグレート・ウォークのひとつ、フィヨルドランド国立公園のミルフォード・トラックを歩く旅を計画しましょう。

1.ミルフォード・トラック 概要

今からおよそ100年前、ロンドン・スペクテーター誌上で詩人ブランシュ・ボーガンが「世界一の散歩道」と評したミルフォード・トラックは、ニュージーランド国内で最も有名なトレッキングコースと言えます。

全長53km余りの旅はテ・アナウ湖北端から始まり、いくつもの吊り橋や板張りの歩道を通り、峠を越えていくものです。

美しい湖、空へとそびえ立つ山々、広大な谷の素晴らしい風景が待っています。ニュージーランドで最も落差のある滝、サザーランド滝では、霧のように舞う水しぶきを体感することができるでしょう。

晴れた日には絵葉書そのものの絶景が広がりますが、実際に歩いた人が言うには、雨の日に山の斜面をいくつもの滝が流れ落ちる様子こそ、ミルフォード・トラックの醍醐味だそうです。年に200日は雨で年間降水量は700ミリを超える場所ですから、滝の迫力は満点です。

2.ミルフォード・トラックを歩く

楽しく歩くには、相応の体力が必要です。

概要を確認してしっかりと準備をしましょう。

1日目 グレード・ウォーフ > クリントン・ハット、5 km

ミルフォード・トラック初日はまずテ・アナウ・ダウンズから船に乗ってトラック起点まで移動します。風光明媚なクルーズを楽しんで対岸に上陸すると、整備状態のよいトラックが伸びています。

吊り橋を渡り、美しいブナの林を1時間ほど歩くとクリントン・ハット(opens in new window)に到着します。ハットの近くには遊泳に適した場所がたくさんあります。

2日目、クリントン・ハット > ミンタロ・ハット、16.5 km

出発後しばらくの間は、クリントン川の水源、ミンタロ湖に向かって、緩やかな上り道をたどります。

広々とした平原を横切り、ヒレレ滝のそばを通って進んで行くと、先方にマッキノン峠とポンポローナ氷原が視界に入ります。そこからミンタロ・ハット(opens in new window)までは約2時間です。

3日目 ミンタロ・ハット > ダンプリング・ハット 14 km

マッキノン記念碑まではずっとジグザグ道を登っていきます。ミンタロ湖とクリントン渓谷の美しい風景を楽しみながらミルフォード・トラックを歩きましょう。

登りきった辺りがマッキノン峠になります。峠の最高地点は標高1154mあります。呼吸を整えながら、周囲の素晴らしい景観を満喫してください。後方を振り返るとクリントン渓谷、北方面にはアーサー渓谷が横たわっています。その奥の山並みの向こう側はミルフォード・サウンドです。下りに入り、バルーン山とジェーヴォイス氷河のふもとの道を進むと、板張りの遊歩道があります。側を流れるローリング・バーン川は滝の多いことで知られています。

板張り部分の少し先にある脇道に入ると、ニュージーランドで最大のサザーランド滝を見ることができます。落差580mの三段の滝は、いくつもの氷河の水をたたえたクィール湖の流出口から垂直に流れ落ちています。美しい滝を満喫した後、少し歩くとダンプリング・ハットに到着します。

4日目 ダンプリング・ハット > サンドフライ・ポイント、18 km

終点へ向かう最終日はいくつもの美しい滝と吊り橋、澄んだ水の流れる小川が楽しめます。マッケイ滝とアイダ湖、そしてこのトラック上では最後の滝となるジャイアント・ゲート滝に立ち寄っていきましょう。

滝を堪能した後、1時間半ほど歩くと、ミルフォード・トラック終点のサンドフライ・ポイントです。ミルフォード・サウンドに渡る船は午後2時と3時に出発します。

3.ミルフォード・トラックの宿泊施設

トラック上には、アルティメット・ハイクスが運営するプライベート・ロッジ3ヵ所と、DOC(環境保全省)の公共ハット3ヵ所があります。

このトラック上ではキャンプは禁止されています。

個人で歩く場合は、事前にオンラインで予約(opens in new window)しておく必要があります。

10月下旬から4月下旬までのシーズン中にグレート・ウォークに行く場合は予約が必須となります。

ミルフォード・トラックのハットを予約する

ハイキングの前後の宿泊先を探す

4.ミルフォード・トラック付近の町

湖畔の町テ・アナウフィヨルドランド国立公園とミルフォード・トラックへの玄関口となっています。

優れたレストランと質のよい宿泊施設が多数あり、美しい山岳風景の中でミルフォード・トラックの前後のひとときを過ごすのにぴったりです。

テ・アナウから車で数時間のクィーンズタウンはにぎやかな町で、多種多様な宿泊施設ワイナリー、アドベンチャー・アクティビティがそろっています。

5.ミルフォード・トラックの起点へ

トラックの起点、終点ともに個人ではアクセスできませんので、事前に送迎を予約しておかなければなりません。

ミルフォード・トラックの起点はテ・アナウ湖の対岸にあります。テ・アナウからテ・アナウ・ダウンズまでバスか送迎車で30分、さらにグレード・ワーフ行きの船で1時間15分かかります。

終点はミルフォード・サウンドのサンドフライ・ポイントです。そこから20分船に乗って、ミルフォード・サウンド/ピオピオタヒの町に渡り、バスに乗り換えてテ・アナウかクィーンズタウンへ戻ります。

ミルフォード・トラックへのアクセスに必要な移動手段は以下で扱っています。

国内での移動

6.ミルフォード・トラックのガイド付きツアーを予約する

ツアーを利用する

トレッキング専門のツアー会社がいくつもあり、ガイド付きのトレッキングを催行しています。以下はその代表的なものです。

個人で行く

ミルフォード・トラックに限らず、グレート・ウォークをガイド無しの個人で歩く場合は、トラック上にあるDOC(環境保全省)管理の宿泊施設を予約しておく必要があります。料金は各所でそれぞれに異なります。非常に人気の高いトラックですので、早めの予約をおすすめします。

ミルフォード・サウンドへ行くツアーを探す

7.ニュージーランド旅行でグレート・ウォークへ行く場合の準備

ニュージーランドでトレッキングなどのアウトドア活動を安全に楽しむために、5つの簡単なルールを守りましょう。

1.無理のない計画を

自分の体力に合った旅をしましょう。

2.天候に注意する

ニュージーランドの天候は非常に変わりやすいため、必ず予報を事前に確認してください。悪天候の場合は天候の回復を待つか、引き返すことも必要です。

3.十分な物資を携行する

天候が変化して、予期せず夜を過ごすことになるかもしれません。

4.計画を誰かに伝えておく

行き先や計画の詳細を信頼のおける人に伝えておきましょう。万一に備えて位置情報発信ビーコンを購入またはレンタルし、持って行ってください。

5.身を守るために

必要な食べ物、飲み物、休憩を。グループの場合ははぐれないようにし、相談して助け合いましょう。

安全規則

装備と携行品

野外活動に適切な装備は欠かせません。

こちらの動画(opens in new window)を参考にしっかりと準備をしてください。

ニュージーランドを歩く旅に必要なことを Adventure Smart(opens in new window) で確認しておきましょう。

装備と携行品について 詳しく

ミルフォード・トラック 地図

環境保全省

環境保全省はトレイルや宿泊施設、装備リスト、安全のための案内など詳しい情報を提供しています。

ミルフォード・トラック(opens in new window)

ティアキ・プロミス - ニュージーランドの美しさを守るためにできること

「ティアキ・プロミス」は、この美しいニュージーランドを今現在から未来の世代へと守り伝えていくためにできることをまとめたものです。

ティアキ・プロミスについて