一生の思い出になる日の出を見に行きませんか。ヒクランギ山の頂上は、ニュージーランドで一番早く夜明けを迎えます。

険しいラウクマラ山脈にある標高1,754mのヒクランギ山は、ニュージーランド本土で最初に朝日の差す場所です。北島にある非火山性の山では最も高い山です。

地元マオリのナティ・ポロウ族にとっては神聖な存在で、伝説では半神半人の英雄マウイが北島を釣り上げたとき、最初に水上に現れたのがヒクランギ山だった、と語り継がれています。その有名な漁で乗っていたワカ(カヌー)、ヌクタイメメハはこの山に永眠した、とも言われています。

登山道を3分の2ほど登った標高1000m付近には、マウイとそのファナウ(家族)のファカイロ(彫像)が9つあり、マウイを中心として、他の8つの彫像が伝統的なコンパスを模して配置されています。いずれもミレニアムを記念して、ナティ・ポロウの伝統文化を讃え、将来の世代に受け継いでいくために据えられました。

ヒクランギ山の頂上まで行く方法は、四輪駆動車と徒歩の2通りあります。テ・アラ・キ・ヒクランギ・トラックの起点はルアトリアから20kmほど内陸に位置するタプアエロア・バレー・ロードの突き当たり、パキヒロア・ステーションです。駐車場は牧場入り口の管理事務所のすぐそばにあります。トラックは途中で私有地を通るため、テ・ルナンガヌイ・オ・ナティ・ポロウに連絡して、事前に許可を取得しておく必要があります。

ヒクランギ山を登る人々は主に日の出を見ることを楽しみにしています。そのためには、午後のうちにハットまで行って1泊し、日の出の2時間前には頂上に向かって歩き始めるとよいでしょう。駐車場からハットまでは10.5kmあり、3〜4時間かかります。

ファノカオ、アオランギ、タイタイ、ファレキア、オタプといった山々の向こうから日が昇ってくるヒクランギ山の夜明けは、息をのむほどの美しさです。

ヒクランギ山はギズボーンの北130kmに位置しています。四輪駆動車で行く彫刻ツアー、ガイド付きウォーク、ハットの予約、通行許可についての連絡は、マウンガ・ヒクランギ 027 535 0011 か info@maungahikurangi.com まで。詳しくは  www.maungahikurangi.com  を参照してください。

plane フライト検索

注意事項

 

関連情報