マウント・ヒクランギ

現在のページ

ヒクランギ山の頂上からニュージーランド全国で一番早い日の出を見れば生涯の思い出になるでしょう。

ラウクマラ山脈の最高峰であり、北島の非火山性の山では最も標高の高いヒクランギ山 (1754m) はニュージーランドで最初に朝日を浴びる場所です。

地元マオリのナティ・ポロウ族の人々にとって、ヒクランギ山は聖地です。伝説によると、半神半人の英雄マウイが北島を釣り上げたとき、最初に海上に姿を現したのがヒクランギ山だった、ということです。また、その際に乗っていたヌクタイメメハというワカ(カヌー)はヒクランギ山に眠っているとも言われています。

山の中腹、標高およそ1000mのところには、マウイとその家族を象ったファカイロ(彫刻)があり、マウイを中心として八方に他の8体が配置されています。ミレニアムの記念に設置されたこの彫刻は、ナティ・ポロウ族の伝統文化を後世に伝える存在ともなっています。

ヒクランギ山に登る方法は、徒歩もしくは途中まで四輪駆動車を使うツアーのいずれかになります。テ・アラ・キ・ヒクランギ・トラックの起点は、ルアトリアから内陸へ20kmほどのタプアエロア渓谷の奥に位置するパヒキロア牧場です。牧場の管理人の家のすぐ下に駐車場がありますが、私有地を通るため、事前にテ・ルアンガ・オ・ナティ・ポロウという組織に申請して許可をとらなければなりません。 

ヒクランギ山を歩いて登る人はたいてい、山頂から見える日の出を楽しみにしています。そのためには、午後に山小屋まで登って1泊し、翌朝夜明けの2時間前に出発して頂上を目指すのがよいでしょう。駐車場から山小屋までは10.5km、通常3~4時間かかります。

ヒクランギ山の頂上に立ち、ファノカオ山、アオランギ山、タイタイ山、ファレキア山、オタプ山を見下ろしながら眺める朝日の美しさは格別です。
ヒクランギ山はギズボーンから北へ130km。マウイの彫刻まで四輪駆動車で行くツアーやガイド付きウォーキング、山小屋の予約、アクセス許可申請などについては、テ・ルナンガ・オ・ナティ・ポロウ(06 864 9004, eメール info@tronp.org.nz)に連絡してください。

フライト検索