セント・ジェームス・ウォークウェイ

5 日間

66 km

ハイライト

  • 山々の美しい景観
  • 広々とした牧草地
  • ルイス・パスの自然保護区

ロケーション

  • By car: クライストチャーチから2時間15分

中級者向け

現在のページ

セント・ジェームス・ウォークウェイでは、亜高山帯の自然保護区の変化に富んだ風景と動植物が満喫できます。

亜高山帯と広大な牧草地の風景が楽しめるトレイル

ルイス・パス・ナショナル・リザーブの一部や、セント・ジェームス・コンサベーション・エリア、レイク・サムナー・フォレスト・パークを通ります。あらゆる体力レベルの人に適しており、広々とした牧草地の石塚なども利用して、進行方向が明確に表示されています。徒歩での所要は5日間。ゆったりとしたペースで、美しい山岳風景を満喫できます。

セント・ジェームス・ウォークウェイを歩く

1日目 ルイス・パス入り口 > カンニバル・ゴージ・ハット > エイダ・パス・ハット, 17km

ピクニックエリアを出てターン・ネイチャー・ウォークに入り、開けた湿地帯を横切ります。その後ブッシュの中を進み、マルイア川のカンニバル峡谷までジグザグ道の急な下り坂をたどります。

カンニバル峡谷にかかる吊り橋を渡り、右岸側に入ってから6kmほど歩くとカンニバル・ゴージ・ハットがあります。ハットを過ぎるとマルイア川沿いの歩きやすい道が続きます。ブナの森林と開けた草原(雪崩に注意)を抜けると、エイダ・パス・ハットです(3km、30分)。

2日目 エイダ・パス・ハット > セント・ジェームス・コンサベーション・エリア > クリストファー・ハット, 10.5km

ハットを出発し、ブッシュを抜けてエイダ・パスを越え、エイダ渓谷に入ります。やがてブナの木々がまばらになり、山ブナの混じるタソックの草原に出ます。

オレンジ色の3角の目印は、エイダ川右岸のブッシュの中のトラックを示しています。

エイダ川とクリストファー川の合流点にある昔のハットを過ぎ、10〜15分ほど歩くとクリストファー・ハットです。ハットはエイダ川まで350mほどのブッシュのそばにあります。

3日目 クリストファー・ハット > アン・ハット, 13km

クリストファー・ハットを出てしばらくはエイダ川右岸沿いに谷を下っていきます。丘陵地と川の接する開けた草原の1.5km下にはエイダ・ホームステッドの邸宅があります。その先一部分でトラックはヘンリー渓谷とワイアウ渓谷の分岐点にアクセスする車両用の道路と重なります。マタゴウリの茂みに入り、湿地の点在する緩やかな起伏をいくつか通って、再び道路と合流します(ここまで、ヘンリー川左岸)。

ヘンリー川にかかる吊り橋を渡って右岸側を進み、また車道に出てしばらく行くとアン・ハットに到着します。

4日目 アン・ハット > ボイル・フラット・ハット, 17km

アン川にかかる橋を渡り、左岸側を2kmほど上流に向かい、再び橋を渡って右岸側に戻ります。その先も上流に向かって進み、アン・サドルを越えてボイル渓谷に入ります。ボイル・フラット辺りではオレンジ色の支柱が目印となっています。左岸側を歩いて行くとボイル川を渡る吊り橋があります。橋を渡って100mほどでボイル・フラット・ハット到着です。

5日目 ボイル・フラット・ハット > ボイル・セトルメント, 14.5km

再び橋を渡って左岸側のトラックに戻ります。その先は峡谷内の目印をたどっていきます。
ボイル川にかかる吊り橋を渡り、右岸をしばらく歩いて、吊り橋をもうひとつ渡ります。車道と合流してさらに谷を下ると、ボイル・セトルメントのシェルターと駐車場があります(国道7号線、ルイス・パス・ロード)。

フライト検索