ランギオラ

現在のページ

活力に満ちた田舎町ランギオラは、周辺の農家や牧場を支えています。カンタベリー名産のラム肉を味わうなら、ランギオラが一番です。

ヨーロッパ人が来訪するまで数百年もの間、ランギオラには先住民マオリが住んでいました。その後1851年に、カンタベリー地方の測量技師、チャールズ・オビンズ・トーレス(Charles Obins Torlesse)が、この土地の美しさと牧草地としての可能性に触発されて、初めて家屋を建てました。 町の主要産業は牧羊、酪農、果樹とその他の農業です。また新たな特産物として、サザン・ヘミスフィア・トリュフ(Southern hemisphere truffles)が注目されています。 町には興味深い博物館が数ヶ所にあるほか、カンタベリー地方で最古とされる木造の教会など、素晴らしい歴史的建築物がいくつもあります。ペガサス・ベイ(Pegasus Bay)のビーチも近く、周辺の河川はフィッシングやウォーキングに最適です。


フライト検索