ニュージーランドでレンタカーを借りて運転をする場合、免許をどうすれば良いかご存知ですか。海外で発行された運転免許証の扱いについて、確認しておきましょう。

ニュージーランドで車を運転するには、日本で有効な運転免許証に加えて、免許証の公式英訳文書となる自動車運転免許証抜粋証明か国際運転許可証を携帯する必要があります。これらを携帯すれば法的には12ヶ月間運転が可能です。自動車運転免許証抜粋証明は大使館・領事館で発行可能です(所要2日 / 有料)。国際運転許可証については日本で発行する関連機関に確認してください。

ただし、12ヶ月を過ぎた場合はニュージーランドの運転免許を取得する必要があります。ニュージーランド訪問ごとに適用されるので、この12ヶ月の期限は入国する度にその日から起算されます。

ニュージーランドでは海外旅行者も含めて運転をするときは必ず、免許証(および必要書類)を携帯していなければなりません。なお、自国で運転が許されているものと同じタイプ(オートマチック、マニュアルの別など)の車のみ運転することができます。ニュージーランドでレンタカーを借りることができる法的年齢は21歳ですが、レンタカー会社により規定基準が異なりますので、利用する会社の規定を確認してください。

まずは運転免許証が現在有効であるか確認しましょう。 

海外免許証の翻訳を提供できる機関:

  • ニュージーランド陸運局が承認する翻訳会社
  • 在ニュージーランドの大使館・領事館、もしくは
  • 国際運転許可証を発行する関連機関。国際運転許可証(IDP)は正式な英訳文書として認められています。

日本で有効な運転免許証を携帯していても、正式な英訳文書もしくは国際運転許可証を携帯せず運転し警察に捕まった場合、無免許運転もしくは適切な免許を所持していないことを理由に起訴される可能性があります。裁判所で有罪判決を受けた場合はNZ$400からNZ$1,000までの罰金を科せられます。

無免許もしくは適切な免許を所持していないドライバーには、警察はそれらを揃えるまで運転を禁じる権限があります。禁止が解かれ、引き続き運転を再開する場合でも、運転していた車両は28日間、所有者の費用負担で押収されるので、すぐに運転できるわけではありません。さらに、事故を起こした場合、保険の対象とならないリスクがあります。

関連情報