ニュージーランドではマオリ語が復興の兆しを見せています。滞在中にぜひマオリ語をいくつか覚えてみてください。まずはキア・オラ(こんにちは)から始めましょう。

ニュージーランドを訪れると地名の多くがマオリ語に由来していることに気づくでしょう。最初はどう発音してよいか戸惑うかもしれません。実はマオリ語は論理的な構造をしており、英語と違って発音にも一定のルールがあります。

キア・オラ=こんにちは

ニュージーランド滞在中にこれらのフレーズを使ってみましょう。

Kia ora キア・オラ - こんにちは
Kia ora tātou キア・オラ・タトウ - みなさん、こんにちは
Tēnā koe テナ・コエ - こんにちは、ようこそ(一人に対して)
Tēnā koutou テナ・コウトウ - こんにちは、ようこそ(3人以上に対して)
Nau mai, haere mai ナウ・マイ・ハエレ・マイ - ようこそ
Kei te pēhea koe? ケイ・テ・ペヘア・コエ? - お元気ですか?
Kei te pai ケイ・テ・パイ - 元気です
Tino pai ティノ・パイ - とても元気です
Ka kite anō カ・キテ・アノ - また会う日まで、さようなら

Onehunga、Whangamomona、Ngunguruはどう発音するのでしょうか。

マオリ語には5つの母音 a e i o u と8つの子音 h k m n p r t w があり、発音は日本語ととても良く似ています。さらに、2つの子音を重ねた wh と ng があります。マオリの人の多くは wh を英語の f のように発音します。ng は英語の sing の ng のように発音しますが、マオリ語ではこれが単語の始めに来ることがあります。

マオリ語の復興

国のタオンガ(宝)と位置づけられているマオリ語を話すのは全人口の23%です。現在もマオリ語の復興を掲げて、いくつもの取り組みが進められています。「マオリ語週間」、マオリ語で教育が行われる学校(幼稚園から高校まで)、マオリ語テレビ局がその役割を果たしています。

マオリ語を聞くには

マオリ語を聞いたり、実際に挑戦してみたりできる場所やツアー

おすすめの関連情報