マテマテアオンガ・トラック

3 - 5 日間

42 km (片道)

ハイライト

  • うっそうとした原生林
  • ファンガヌイ川
  • 山々の景色

ロケーション

グレード:上級者向け

かつてマオリの人々が歩いたこの道は、フォーゴットン・ワールド・ハイウェイとファンガヌイ川を結んでいます。この上ない大自然が残されています。

タラナキ
マテマテアオンガ・トラック, タラナキ

googly

タラナキ
マテマテアオンガ・トラック, タラナキ

bruceandrobyn

ワンガヌイ
ファンガヌイ・リバー渓谷, ワンガヌイ

Ian Trafford

ワンガヌイ
ファンガヌイ川, ワンガヌイ

Pelorus Eco Adventures

マテマテアオンガ・トラック 行程

タラナキ地方とファンガヌイ国立公園の間に広がる大自然を数日かけて探索してみましょう。

1日目

コヒ・サドル > ポウリ・ハット

コヒ・サドルから出発して再生林の中を進み、マテマテアオンガ山脈の上へと登っていきます。よく晴れた見通しのよい日には、トンガリロ国立公園の有名な火山群の遠景が所々から楽しめます。

歩行 6時間半

2日目

ポウリ・ハット > プケトタラ・ハット

山々の上方のなだらかな尾根を歩きます。原生林の合間から時折北方面の眺めが見られます。ゆるやかな下りに入ってしばらくすると、プケトタラ・ハットに到着です。

歩行 6時間45分 

3日目

プケトタラ・ハット > ファンガヌイ川

マテマテアオンガ山脈を蛇行する道は、プケトタラ・ハットからファンガヌイ川の岸辺に至るまで、急な下りになっています。ハットの少し先に、ファンガヌイ川と東方面のトンガリロ国立公園を見渡せる場所があります。

ファンガヌイ川に着いたら、ジェットボートに乗ってピピリキまで川下りを楽しんでください。

続きを読む閉じる

環境保全省

詳しいトレイル情報とマップは下記のリンク先で参照できます。

マテマテアオンガ・トラック

関連情報

オプション

たいていは国道43号線のある西側からスタートしますが、どちらから歩き始めても構いません。

以下のハットを利用して、5日間のコースにすることもできます。

  • オマル・ハット: コヒ・サドルから1時間30分、ポウリ・ハットまで5時間。
  • ナプルア・ハット: ポウリ・ハットから3時間15分、プケトタラ・ハットまで3時間40分。
  • マウント・ハンフリーズ・サミット: オマル・ハットとポウリ・ハットの間から分岐しています。往復1時間30分。

 

アクセス

  • ストラットフォードの東、ストラスモアから国道43号線を進み、看板を目印にアッパー・マンガエフ・ロードに入ります。
  • トラックの入り口はコヒ・サドルにあります。
  • このトラックは周回コースにはなっていませんので、終点からの移動手段を予め手配しておく必要があります。
  • ファンガヌイ川のアクセスにはジェットボートが利用できます。詳しくは現地オペレーターに問い合わせてください。

 

注意事項

  • 雨が降ると足元がぬかるみになります。出発前に気象情報とトラックの最新事情を確認してください。
  • 歩行距離の表示はコヒ・サドルからプケトタラ・ハットまでです。ファンガヌイ川に至る区間は含まれていませんので注意してください。
  • 途中で接続するトラックは経験の豊富な方のみを対象としています。

こんなコースもあります

泊りがけハイキング →

タラナキのハイキングについて さらに詳しく →

ハイキング →

アウトドアと安全 →