アベル・タスマン国立公園

現在のページ

アベル・タスマン国立公園はニュージーランドで最も面積の小さい国立公園ですが、のんびりと過ごすにもアドベンチャーを満喫するにもぴったりの環境に恵まれています。

徒歩での探索はもちろん、ボートやヨット、カタマラン、水上タクシー、シーカヤックなど好みの方法でアクセスして存分に海とビーチが楽しめます。ハイキングやカヤック、シュノーケルなどで遊んだ後は日光浴か海水浴をしながらひと休みしてください。自宅にいる時のように寛げる豪華なロッジでも、星空の下のキャンプでも、この地域ならではの魅力をたっぷりと感じることができるでしょう。

主な見どころ

波の打ち寄せる岸辺は木々の茂みと砂浜で縁取られています。透き通った水の流れる川は苔むした渓谷を抜けて海へと注いでいます。森林から突き出した岬には、玄武岩や大理石の造形を見ることができます。

テ・プカテア・ベイは三日月型の理想的なビーチです。金色の砂浜からピット・ヘッドに上がって遊歩道をたどっていくと、昔のマオリの要塞パの跡地があり、段丘とキッチンがわりの穴が見られます。また、周囲の景観を見渡せば、ここが守りの拠点となった理由がよくわかるでしょう。
美しい自然は野生動物の宝庫でもあります。森林にはトゥイやベルバードのさえずりが響き渡り、海ではウやカツオドリ、ブルーペンギンが餌を探しています。トンガ島の海辺には、オットセイたちが体を横たえています。

アクセスと宿泊施設

公園の南側ではマラハウ、カイテリテリ、北側ではゴールデン・ベイ、トタラヌイがアクセスの拠点となります。たいていの水上タクシーがマラハウかカイテリテリから出発しており、トタラヌイあたりまで北上しています。

アワロアとトレント・ベイには快適なプライベート・ロッジがあります。環境保全省はグレート・ウォーク向けのハット4つと、内陸コース上の基本的な設備のハット4つを提供しています。ハット(山小屋)(英語)にはマットレスと給水設備、お手洗いがあります。調理設備のあるハットもあります。水、お手洗い、調理場の利用できるキャンプ場も公園内に用意されています。繁忙期には予約が必要です。

モトゥエカマラハウカイテリテリとトタラヌイには幅広いタイプの宿泊施設がそろっています。

主なアクティビティ

沿岸遊歩道など

ニュージーランドの「グレート・ウォーク」のひとつ、アベル・タスマン・コースト・トラックは所要3~5日間。原生林の中やビーチを歩いていくつもの岬を通過していきます。通年いつでも歩けますが、夏は特に人気が高く、日帰りで訪れる人もたくさんいます。ただし、北部のトタラヌイからワイヌイにかけては人影がずっと少なくなります。沿岸域とは違った雰囲気も味わってみたい場合は、内陸部の道に入っていきましょう。タカカ・ヒルの雄大なカルスト地形を見ることができます。

シーカヤック

公園内にはカヤックを専門とする現地会社が多数あり、マラハウ、カイテリテリ、ゴールデン・ベイから出発するカヤックツアー各種を催行しています。キャンプ場やハット、ロッジなどを手配しておいて、レンタルしたカヤックで水上散策をすることも可能です。

日帰りツアー

アベル・タスマン国立公園で過ごす時間が1日しかなくても、水上タクシーと観光、遊覧、ウォーキングを組み合わせて日帰りで出かけることができます。トラックの一部区間を歩きたい方のために、要所で乗り降りできる船の便を提供しているところもあります。モトゥエカかマラハウかカイテリテリで詳細を問い合わせたうえで、事前に予約しておくことをおすすめします。

公園を楽しむヒント

  • 通年人気のある国立公園なので、ハットやキャンプ場は早めに予約しておきましょう。
  • コースト・トラックでキャンプ場を利用する場合は事前に環境保全省からパスを購入しておく必要があります。料金はこちらで確認してください。
  • トンガ島の海洋自然保護区(バーク・ベイからアワロア・ヘッドにかけての海域)では釣りが禁止されています。
  • 飲み水はトタラヌイ、バーク・ベイ、アンカレッジで入手できます。それ以外の場所では煮沸か浄水が必要です。
  • 海の水温が遊泳に適しているのは12月から3月までです。
  • 基本的に、北部のワイヌイからトタラヌイの区間にアクセスする水上タクシーはありません。グループのガイド付きツアーも厳しく制限されています。大自然のより奥深くへ入ってみたい方は個人で歩いてください。
  • 気象、天候、設備、サービスなどは随時変わっています。出発前には必ず最寄りの環境保全省ビジターセンターで最新情報を確認してください。
フライト検索