ニュージーランドの美容グッズ

地元産の自然素材を使ったニュージーランドの美容グッズは根強い人気があります。

ニュージーランドの植生はとてもユニークです。世界でもここでしか手に入らない自然素材は美容グッズにも活用されています。多くの製品が先住民の知恵で有効性の見出された固有種の植物を配合しており、世界各地の人々に愛用されています。

マヌカハニー

マヌカハニーはニュージーランドの原生林に生育するマヌカの花からミツバチが集めた蜜です。マヌカハニーには強力な抗菌作用があり、その効力はUMFという単位で表示されています。マヌカハニーは美味しく食べられるだけでなく、皮膚の健康によいことも科学的に証明されています。また、蜂毒と蜜蝋を使用した製品もとても人気があります。

New Zealand
ポット・オブ・ゴールド, New Zealand

Pot of Gold

New Zealand
ワイルド・ファーンズのマヌカハニー・シリーズ, New Zealand

Wild Ferns

New Zealand
ワイルド・ファーンズのロトルア・マッド・シリーズ, New Zealand

Wild Ferns

New Zealand
リビング・ネイチャー, New Zealand

Living Nature

ハラケケ(フラックス)

ハラケケはニュージーランドに広く自生する植物です。非常に上部な繊維を有するため、マオリの人々は昔から様々な用途に役立ててきました。骨折した部位に葉を巻いて骨がつながるまで固定したり、粘性のある樹液や樹脂を傷に塗ったり、といった薬用目的でも使われていました。鎮静や治癒に役立つ成分は、現代では石けんやハンドクリーム、シャンプー、化粧品などに配合されています。

黒シダ

ママクと呼ばれる木生の黒シダもまた、古くからマオリの人々が肌を落ち着かせ、元気な状態を取り戻すために活用されてきた植物です。再生を助ける働きのあるエキスは、やけどや傷などでいたんだ肌や乾燥した肌を修復するスキンケア製品に使われています。

カワカワ

カワカワの木は、ニュージーランド沿岸部の湿気のある茂みに生えています。マオリの人々は、苦味と芳香を有する葉をお茶にして飲んだり、樹皮や果実を薬用に使ったりしていました。主な用途は、切り傷、擦り傷、けが、打ち身、やけど、その他の痛みや炎症の緩和です。鎮痛作用があることも明らかになっています。

ポフツカワ

ニュージーランドのクリスマスツリーとして親しまれているポフツカワは、夏になると鮮やかな赤い花が開く美しい樹木です。他の固有種の植物と同様、ポフツカワも薬用に使われてきました。自然な調整作用と再生促進作用があるので、現在もそのエキスは化粧品などで人気があります。ポフツカワ風味のハチミツも入手できます。

ケルプ

南太平洋の汚染されていない海域でとれるケルプ(昆布)には、肌と髪に役立つ栄養をたっぷりと含んでいます。また、穏やかな消毒作用もあることがわかっています。

キーウィフルーツ

ニュージーランドは世界でもトップクラスのキーウィフルーツの産地です。キーウィフルーツは抗酸化物質が豊富な果物で、ビタミンC、ミネラル類、オメガ3といった肌の健康に嬉しい成分もたっぷりと含まれています。キーウィフルーツのエキスを配合したクレンザーやクリーム、スクラブなどが販売されています。

地熱地帯の泥

ニュージーランドは地熱活動が活発なことで知られ、温泉の効用は長い間、旅行者を魅了してきました。ロトルアからとれる泥にはクレンジング、殺菌や治癒、バランスを整える作用があるのでスキンケア商品として人気があります。

ニュージーランドならではの美容グッズを手に入れるには

土産物店、化粧品店、百貨店などへ。全国各地から集められたニュージーランド製品を購入することができます。パッケージも魅力的で楽しくお買い物ができるでしょう。