日常的によく使われる簡単な挨拶の言葉で、感謝を表したり、親愛の情を示したり、新たな人間関係を築いたりと様々な使い方ができます。

相手の存在を認めることはとても大切です。「キアオラ」の一言でそれができるだけでなく、お互いの出自や出身地を含めた全てが受け入れられます。

テ・レオ、すなわちマオリ語に由来する「キアオラ」はニュージーランドの各地で耳にする温かな歓迎の挨拶です。

単純に「こんにちは」という意味でもよく使われますが、この慣用句には深い意味が込められています。「オラ」は生命、あるいは命ある状態を意味します。  「キア」を接頭辞としてつけることで動詞化されて、より能動的に「生きている」という意味になります。  ですから「お元気ですか」のように、相手の健やかな暮らしを願う気持ちが込められている、とも言えます。

起源を遡って行くと豊かな歴史が垣間見える言葉ではありますが、「キアオラ」はカジュアルな挨拶としてニュージーランド各地で通用します。首相から店員まで、あらゆる人が日常的な会話の一部として使っていることにも気付くでしょう。

ニュージーランドを訪れたら、キアオラ、と挨拶してみましょう。現地の文化が身近に感じられるはずです。

マオリ文化に親しむアトラクション

おすすめの関連情報