フード&ワイン - ウエリントンとワイララパ

現在のページ

ウエリントンには一流のレストランがひしめき、グルメ天国カピティ・コーストは、料理教室からグルメ食材まで網羅しています。そして、マーティンボロ周辺には、テイスティングや食事の楽しめるワイナリーが多数あります。この地方では、あらゆる味覚が体験できます。

ウエリントン

ウエリントンには多数のカフェ、デリカテッセン、レストランが軒を連ねています。街を歩けば、コーヒー豆を焙煎するにおいが漂ってきて、本格的な味を丁寧に生み出そうとする意気込みが感じられるでしょう。

ウエリントンのダウンタウンは、大まかに4つのエリアに分けることができます。それぞれに個性があるので、目的にあわせて街歩きを楽しむことができます。コートニー地区は、レストラン、カフェ、バー、映画館、劇場とナイトライフが満喫できるエリアです。異国情緒あるキューバ地区は、エスニック料理の店がたくさんあります。ラムトン地区にはデザイナーのブティックと高級レストランが並んでいます。そして、ウォーターフロント地区は、公園や博物館、有名な建造物などがあり、主に日中を過ごすのに適したエリアです。

ウエリントンでも特にユニークなのは、チョコレート味のメニュー専門のカフェ、マオリの伝統的な食文化を反映したレストラン、昔の羊毛の刈り取り小屋を改造したシーフード・レストランなどです。ゼスト(Zest)では、市中心部で食べ歩きを楽しむ「ウォーキング・グルメ」というツアーを催行しています。3コースのテイスティング・ランチと、料理にあわせたニュージーランド産のワインが含まれています。

ウエリントンのダウンタウンからフェリーに乗ってイーストボーン(Eastbourne)に渡ると、そこにもカフェやレストランが並んでいます。土曜日にポリルア(Porirua)へ行くと、ムーア・ウィルソン・ファーマーズ・マーケットが開かれています。パイ、チーズ、お菓子、オリーブオイル、ピクルス、チャツネ、スパイス、パンなど、地元で作られた質の高い食品が手に入ります。

ワイララパとカピティ・コースト

ウエリントンから丘陵地を越えた所にあるワイララパは、近年グルメ天国として注目を集めています。絶品のピノ・ノワール種のワインだけでなく、優れた素材もたくさん揃っています。

この地域を目指す人々の主な目的は、マーティンボロ周辺のワイナリーとオリーブ園です。徒歩や自転車で気軽に訪ねることができます。併設のカフェやレストランはエネルギーの補給にぴったりです。グレイタウンやフェザーストンといった小さな町にも、気の利いたレストランや店があります。

ウエリントンの北西に位置するカピティ・コーストは、温暖な気候に恵まれ、新鋭の起業家が食関連の事業を盛んに進めている地域です。ホロフェヌア湖のほとりには、オーガニックのワイナリーがあります。また、開拓者博物館では田舎らしい料理も楽しめます。ニュージーランド産のシュナップス、リキュール、風味付きのオイル、ヴィネグレットなどを扱っている店、チーズとアイスクリームで有名なリンデール・ファーム(Lindale Farm)も見逃せません。

カピティ・コーストには、ニュージーランドの料理界を代表するシェフ、ルース・プリティが運営する料理教室があります。通常3月から12月の開催で、地元のゲストが招かれることもよくあります。

フライト検索