グレート・アルパイン・ハイウェイ

3 日間

245 km

ハイライト

  • ファンキーな街、クライストチャーチ
  • アーサーズ・パス国立公園
  • 荒々しい自然のままの西海岸

ロケーション

車の運転をしなくてよいオプションもあります

このルートは列車トランツ・アルパイン号を利用することができます。

南島の西海岸から東海岸へと移動する風光明媚なルートです。歴史ある街の数々や移り変わる景色を楽しめます。

車で走るほか、列車を利用してゆったりとした旅を楽しむこともできます。幾筋もの河川が流れるカンタベリー平野を横切って西へ向かい、サザンアルプスを越える峠のアーサーズ・パスを通り、ウエストコーストへと下っていきます。

1日目:終日 クライストチャーチ

クライストチャーチ/カンタベリー
ハグレー公園を散策, クライストチャーチ/カンタベリー

Julian Apse

クライストチャーチ/カンタベリー

カンタベリー

海からサザンアルプスに至る広大な地域。

ハイライト

  • 古い英国風のガーデン
  • エイボン川のパンティング
  • ポート・ヒルズでマウンテンバイク

クライストチャーチのおすすめアクティビティ

クライストチャーチでショッピング、アート、とびきりのグルメ&ワイン、素晴らしい景観を満喫しましょう。

さらに詳しく

南島最大の都市、ポップなアートカルチャーでも知られ、日々進化しているクライストチャーチで1日過ごしましょう。

古い英国風ガーデンは、ちょっと変わった雰囲気のバーや活気に満ちたアート・センターと好対照を成しています。伝統的なトラムに乗車したり、自転車をレンタルして平坦な市中心部をサイクリングで観光しましょう。人気のアクティビティには、エイボン川のパンティングポート・ヒルズでのサイクリングなどがあります。サムナー・ビーチを訪れたり、フランス移民の影響を受けたアカロアへ日帰りで行くのもおすすめです。美しいサザンアルプスを背景にパッチワークのような平野が広がるカンタベリー平野は、ヘリコプター遊覧飛行や熱気球で上空から眺めるのが一番です。

2日目:クライストチャーチ~アーサーズ・パス

クライストチャーチ/カンタベリー
デビルズ・パンチボウル, クライストチャーチ/カンタベリー

Julian Apse

ハイライト

  • キャッスル・ヒルの岩の造形
  • ウォーキング & ハイキング
  • いたずら好きな野生動物

ロケーション

アーサーズ・パス国立公園

サザンアルプスで最も標高の高い峠を越えます。

さらに詳しく

北からはるか遠く南まで伸びる広大な カンタベリー平野を西へ向かいます。

サザンアルプスの麓へ蛇行する道路をゆっくり進んで行くと、風景は峠から河川や湖、そしてユニークな地形へとコンスタントに変わっていきます。キャッスル・ヒルで見られる不思議な石灰岩の造形は必見です。道路から歩いてすぐアクセスできます。これらの巨岩はロッククライミングや写真撮影を目的に訪れる人があとを絶ちません。

小さなアーサーズ・パスの村はウエストコーストへの中間にあります。雄大な山々に囲まれているこの村は、サザンアルプスを歩くいくつものハイキングやトレッキングコースの出発地点となります。

3日目:アーサーズ・パス~グレイマウス

ウエストコースト
ラパホエ・ビーチ, ウエストコースト

Julian Apse

ウエストコースト

ウエストコースト

降雨林、氷河、珍しい地形

ハイライト

  • 原生林と野鳥
  • 金鉱の歴史
  • シーカヤック

ロケーション

アーサーズ・パス村のほど近くには、不安定な地形の上に長く伸びるオティラ高架橋があります。西海岸を目指し下っていくと、風景は分水嶺の東側に見られた荒野とは異なる、緑深い原生林へと徐々に変わっていきます。こうしてドラマティックな大自然で知られるウエストコースト に到着します。

1860年代後半、荒涼としたこの地域はゴールドラッシュに沸きました。シャンティタウン・ヘリテージ・パークでは当時の歴史を垣間見ることができます。各地にあるワークショップやギャラリーにはポウナム(ニュージーランド産のヒスイ)をはじめこの地域で産出される鉱物を使った作品や宝飾品が並べられています。ウエストコースト地方最大の都市、グレイマウスはその素晴らしい海の風景と地元のビール醸造所ツアー、ホワイトウォーター・ラフティングやシーカヤックで知られています。

ニュージーランドでの運転

ニュージーランドで車を運転する前に知っておきたい重要なポイントを確認しましょう。

ルートを地図で確認

関連情報

おすすめモデルコース  →

入国に際して →