ニュージーランドのファーマーズマーケット

現在のページ

喧噪と笑顔に満ちたマーケットは、旬の味覚や地元の人々を知る絶好のチャンスです。大きめの買い物袋を用意して、お腹を空かせて出かけましょう。生鮮食料品だけでなく、手作りのチョコレートや農場の自家製チーズなども手に入ります。

魅力的なファーマーズ・マーケット

全国各地で開催されているファーマーズ・マーケットは、地元の人々の社交の場も兼ねています。必要な食料品の買い物はもちろん、互いの近況を話したり、耳寄りな情報を交換したりと実に賑やかです。旅行中にほんの数時間でもファーマーズ・マーケットへ行けば、新鮮な特産物や手作りの品を買うついでに、ニュージーランドのカントリーライフを垣間みることができるはずです。多くのマーケットでは音楽の生演奏も楽しめます。

マーケットが開かれているのは、郊外の小さな農村だけではありません。主要都市に出店者が集まるマーケットもありますので、ぜひ覗いてみてください。

お勧めのマーケット

北はケリケリから、南はリバートンまで、ファーマーズ・マーケットの開催地は50ヶ所以上もあります。滞在地周辺でどのようなマーケットがあるか、最寄りのビジター・インフォメーション・センターに聞くとよいでしょう。以下、人気の高いマーケットの一部をご紹介します。

ファンガレイ:10年ほど前に全国に先駆けてファーマーズ・マーケットが始まった場所です。毎週土曜日の朝になると、生産者直売の生鮮食料品を目当てにたくさんの人々が訪れます。地元の人々の大半は6時半から7時半の間に買い物を始めますが、マーケット自体は10時半頃まで行われています。

ベイ・オブ・アイランズ:ファンガレイより少し北にあるケリケリでは、毎週日曜の朝にマーケットがあります。新鮮な野菜や果物はもちろん、グルメフードが充実していることで知られています。亜熱帯性の果物の産地なので、ジャムやジェリー、チャツネのような保存食が豊富です。自家焙煎のコーヒーも探してみましょう。

マタカナ:ワークワースの東に位置する田園地帯で、オークランドからのアクセスも良好です。一帯にはブドウ園やオリーブ園が多く、洗練された雰囲気が魅力です。マーケットは毎週土曜日の朝開催。スパイスの効いたオーガニックココアやプホイ産チーズなどのグルメ食品だけでなく、地元でデザインされたエプロンや布巾、クラフト品などもあります。

オラティア:西オークランドのオラティア(Parrs Cross Road)では毎週土曜の9時から正午までマーケットが開かれています。オーガニックアイスクリームやマオリポテト、チョコレートトリュフ、風変わりなデザート用ソースなど幅広い品揃えです。ソーセージやモッツァレラチーズ、カマンベールチーズの作り方についても聞いてみましょう。

パーネル:オークランドの中心街に近いパーネルでは、土・日の午前中と水曜日の午後にフレンチスタイルのファーマーズ・マーケットが開かれています。ここへ行く時には、しっかりとお腹を空かせておきましょう。パエリア、フランス産チーズ、ソーセージの薫製、鴨のサラミ、美味しいケーキなど、美味しいものがたくさん並んでいます。中心街から歩いて行くこともできます。

ホークスベイ:ヘイスティングスのショーグラウンドにて、通年天候を問わず毎週日曜日に開催。地元の生産者が選りすぐりの品を直売します。ライブ音楽を聞きながらぶらぶらと歩けば、ホークスベイ地方の豊かさがわかるはずです。地元で作られている食べ物を抜群の鮮度で楽しめます。

ポリルア:ウエリントンから北へ車で少し走った所にあるポリルアは、ニュージーランドでも特に多彩な文化の混在する地域です。早朝5時半から数時間のマーケット開催中は、インドカレーや中華、バナナ・パンケーキなど、アジア太平洋地域の食べ物を売る露店も並びます。器用にバスケットを編んでいる人や大道芸人もいて、飽きることはないでしょう。

ブレナム:マールボロ・ファーマーズ・マーケットは春と夏は日曜の午前中、その後9月までは木曜の午後に開かれています。フード&ワインの分野で有名な地域なので、ムール貝やヘーゼルナッツ、サフラン、オーガニック・サーモン、フレーバー付きオイルなど、様々な海の幸・山の幸が楽しめます。ブレナムの青空の下へ、ピクニックを兼ねて出かけましょう。

ワイパラ:ワインの産地で開かれるワイパラ・バレー・ファーマーズ・マーケットは、グルメフードが盛りだくさんです。会場のペガサス・ベイ・ワイナリーは美しい湖の隣にあります。夏期の土曜の午前中、オリーブオイルやパン、パイ、魚、ラム肉など、地元の様々な特産品が集まります。

カンタベリー:カンタベリー平野の西側、山々のふもとを走るシーニック・ルート77号線沿いの小さな町でもファーマーズ・マーケットが開かれています。オックスフォードでは通年日曜の朝、メスベンでは夏期のみ日曜の朝に開催。平野部は栽培農業の盛んな地域なので、とびきり新鮮な野菜や果物が手に入ります。

オタゴ半島:ペンギンやアホウドリ、オットセイといった海辺の生き物で知られるオタゴ半島ですが、日曜はポルトベロ・ビレッジで10時から始まるマーケットに寄って行きましょう。名物のベーコン・バティーズとクレープは見逃せません。美味しいパイとタルトを買って、ピクニックにするのもお勧めです。

リバートン:サウスランド地方の歴史ある町では、僻地ならではのマーケットが開かれています。毎週土曜日の10時半から、半径50km以内で作られた食べ物が売られています。オーガニック・アイスクリームとグルメ・ソーセージは絶品です。

他にもある、ファーマーズ・マーケット

各地で開催されているファーマーズ・マーケットについて詳しく知りたい方は、FMNZのウェブサイトを参照してください。www.farmersmarkets.org.nz.

フライト検索