インランド・シーニック・ルート72

6 日間

475 km

ハイライト

  • オックスフォードで乗馬
  • ラカイア川でフィッシング
  • スキーやハイキング

ロケーション

車の運転をしなくてよいオプションもあります

インランド・シーニック・ルート72はカンタベリー地方 でも一番の見どころが楽しめるルートです。南島最大の都市、クライストチャーチやカンタベリーにある素敵な街の数々を訪れます。この6日間の旅程はカンタベリー地方を満喫するのに一番のルートです。

1日目:クライストチャーチ~オックスフォード

クライストチャーチ/カンタベリー
オックスフォード, クライストチャーチ/カンタベリー

Visit Waimakariri

クライストチャーチ/カンタベリー

オックスフォード

乗馬とファームステイ

ハイライト

  • オックスフォードで乗馬
  • ファームステイ
  • オックスフォード・フォレスト・ウォーキング・トレイル

ロケーション

  • By car: 50分 | トラム・ロード経由でルート72 へ56km

クライストチャーチを出発、オックスフォードまでカンタベリーの農業の中心地を通り抜けていきます。

オックスフォード周辺ではファームステイや乗馬が体験できます。ファームでの滞在は、ニュージーランドのカントリーライフを満喫するのには一番の方法です。日々の作業を手伝い、地元農家のほのぼのとした家庭料理のもてなしを楽しみます。オックスフォード・フォレストは、散歩やピクニックに人気のスポットです。ライド・フォールズ・ウォークは、簡単に歩くことのできる遊歩道です。

2日目:オックスフォード〜メスベン

クライストチャーチ/カンタベリー
マウントハット, クライストチャーチ/カンタベリー

Julian Apse

クライストチャーチ/カンタベリー

メスベン

スキーやハイキング

ハイライト

  • マウントハットのスキー場
  • マウント・サマーズ遊歩道
  • ホワイトウォーター・ラフティング

ロケーション

  • By car: 1時間 | 国道77号線で78km

サザンアルプスへ向かうかどうかは滞在する季節にもよります。

冬から春にかけてマウントハット・スキー場はニュージーランド国内でも最も安定した雪のコンディションを誇るスキー場のひとつです。冬から春にかけて、麓の町メスベンは、アフタースキーを楽しむ人々で賑わいます。雪が少なくなってくるとハイキングのシーズンが始まります。この季節にはぜひ、マウント・サマーズ遊歩道に挑戦してください。10時間の全行程では、古い炭鉱跡、壮大な火山活動の地形、深い渓谷を訪れます。サマーズ山の頂上に登れば素晴らしい景色を見晴らすことができるでしょう。

ラカイア峡谷は滝や急流、美しい山岳風景が楽しめるジェットボートで人気があります。ランギタタ川のホワイトウォーター・ラフティングもおすすめです。

3日目:メスベン〜ジェラルディン

クライストチャーチ/カンタベリー
秋のジェラルディン, クライストチャーチ/カンタベリー

Go Geraldine

クライストチャーチ/カンタベリー

ジェラルディン

アート、工芸品、ブティックでのショッピング

ハイライト

  • ブティックでショッピング
  • スキー場
  • アート&クラフト

ロケーション

  • By car: 49分 | 国道72号線で69km

ジェラルディンは、澄んだ美しい山々の景色と素晴らしい景観を楽しめる遊歩道や賑やかなショッピング街があることで知られています。また、この地域にある8つのスキー場から車で2時間ほどの便利なロケーションにあります。

ジェラルディン歴史博物館では、初期の町の歴史に触れることができます。クラシックカー&機械博物館も好評です。ジェラルディンはテカポ湖から国際ダークスカイ・リザーブまでを結ぶスターライト・ハイウェイのスタート地点です。またジェラルディンには国内でも有数の個人運営の天文台があります。

4日目:ジェラルディン〜アシュバートン

クライストチャーチ/カンタベリー
アッシュバートン, クライストチャーチ/カンタベリー

Tony Bridge

クライストチャーチ/カンタベリー

アシュバートン

博物館とフィッシング

ハイライト

  • アート&クラフトのギャラリー
  • トラウトやサーモンを狙うフィッシング

ロケーション

  • By car: 38分 | 国道1号線で 51km

今日は、周辺の農業地帯の中心となる大きな街、 アシュバートンを目指します。アシュバートンには2つの大きな川に挟まれているので フライフィッシングは地元の人も熱中するほどの人気です。近くの川はサーモンや降海型トラウトのフィッシングの名所として知られています。平均的なサーモンのサイズは6〜8kg、15kg級が釣れることもあります。

博物館に興味があるなら、アシュバートンは見どころがいっぱいです。歴史鉄道博物館、航空博物館、車両博物館を含め6つの博物館があります。地元の作品が展示されているアート&クラフト・ギャラリーも楽しめます。

5日目:アシュバートン〜アカロア

クライストチャーチ/カンタベリー
アカロア、バンクス半島, クライストチャーチ/カンタベリー

Tony Bridge

クライストチャーチ/カンタベリー

アカロア

フランス文化と野生動物との出会い

ハイライト

  • 歴史ある街並みとフランス料理
  • ペンギンのコロニー
  • イルカと一緒に泳ぐ

ロケーション

  • By car: 1時間53分 | 国道1号線、国道75号線で141km

アシュバートンから北へ向かい、魅力的な海辺の街、アカロアを目指しましょう。

アカロアはニュージーランド随一のフランス風の町です。歴史的な建物や大きな入り江の風景、美味しいフランス料理などが楽しめます。フランス料理を提供する地元のレストランへ立ち寄ったり、歴史あるコテージを見ながら歩いて散策するのもおすすめです。アカロアでは博物館を訪問しましょう。アカロアの歴史を説明するオーディオの観光案内を視聴できます。

時間があればドルフィン、ペンギンやオットセイなどが見学できるハーバー・クルーズに参加しましょう。

6日目:アカロア~クライストチャーチ

クライストチャーチ/カンタベリー
クライストチャーチ市内でショッピング, クライストチャーチ/カンタベリー

Julian Apse

クライストチャーチ/カンタベリー

クライストチャーチ

ショッピング、アート、素晴らしい景色

ハイライト

  • 紙製の仮設大聖堂
  • エイボン川のパンティング
  • 植物園

ロケーション

  • By car: 1時間18分 | 国道75号線で82km

クライストチャーチに戻ったら時間を取って、革新性と創造性に満ちた、絶え間なく変化を続けるこのユニークな街を観光しましょう。市内には様々なレストラン、カフェ、バーやナイトクラブがあります。

クライストチャーチを代表するアクティビティでは英国風の魅力的な伝統にも触れることができます。植物園を訪れたり、ゆったりエイボン川のパンティングを楽しんだり、歴史あるトラムに乗車するのもおすすめです。

ニュージーランドでの運転

ニュージーランドで車を運転する前に知っておきたい重要なポイントを確認しましょう。

ルートを地図で確認

関連情報

おすすめモデルコース  →

入国に際して →