市内の公共交通機関

ニュージーランドの主要都市の市内で利用できる公共交通機関について見てみましょう。

オークランド

オークランドのダウンタウンはコンパクトにまとまっていて徒歩で移動が可能ですが、主要観光地を循環するバスの利用が便利です。自然の多い郊外へ足を延ばすなら鉄道やフェリーも利用できます。

空港から市内へ

空港と中心部を往復するエアポート・バス、乗り合いのシャトルバス(英語)、タクシーやレンタカーを利用できます。所要時間や料金の目安はこちらサイト内のオークランド空港のページを参照してください。 

循環バス

  • リンクバス 一区間:1ドル
    中心部を走るシティリンク(赤)、市内を走るインナーリンク(緑)、郊外を走るアウターリンク(オレンジ)に色分けされています。循環ルートはこちら(英語)。
  • ホップオン・ホップオフ・ツアー 35ドルから
    2つのルートを循環する赤いダブルデッカーのバス。30分毎に運行する中心部を走るレッドライン(CENTRAL TOUR)、1時間毎に運行する西部を走るブルーライン(WESTERN TOUR)があります。循環ルートはこちら(英語)。
  • エクスプローラー・バス 45ドルから
    2つのルートを循環する黄色と青のダブルデッカーのバス。中心部を走る赤コース(RED TOUR)と郊外まで走る青コース(BLUE TOUR)があります。15分から30分間隔で運行しています。詳細はこちら日本語のパンフレットをご覧ください。

市内バス

バスはオークランド全域を結んでいます。乗り場やルート番号、時刻表などの詳細は中心部北部南部東部西部それぞれのページ(英語)をご覧ください。運賃は1ステージNZ$1からです。

ルート番号にXがついた高速道路を走る急行もあります。路線が複雑なので下車する通りの名前をドライバーに確認してから利用しましょう。中心部の目印となる建物や主要駅を除き、バス停に名前は付いていません。

鉄道

中心部の一部と南部、東部、西部の郊外を結んでいます。通勤、通学の利用が主ですが、旅行者も気軽に利用できます。列車の路線図時刻表はそれぞれのページ(英語)をご覧ください。運賃は1ステージNZ$3.50からです。主な鉄道駅はこちらの路線図(英語)をご覧ください。

フェリー

フェリーはブリトマート駅の道路を挟んだ反対側の海沿いに立つフェリー・ターミナルから出航します。人気のワイヘキ島行きをはじめ、休火山でのハイキングを楽しむランギトト島、野鳥の保護区、ティリティリ・マタンギ島などさまざまな経路があります。運賃は行き先によって異なります。ルートマップ運賃チケットの購入などはそれぞれのページ(英語)を確認してください。

続きを読む閉じる

ATパブリック・トランスポートのアプリをダウンロードして、旅の計画を立てましょう。運賃や時刻など最新情報を入手できます。

AT Apple用 | AT Android用

オークランド
オークランドのハーバー , オークランド

ATEED

フェリーはオークランド周辺を旅するのよい方法です。素晴らしい写真を撮るチャンスがあります。

クライストチャーチ

平野の広がるクライストチャーチは自転車専用レーンが市内中心部のいたるところに設けられており、サイクリングでの移動が人気です。

空港から市内へ

クライストチャーチ国際空港から中心部のバスターミナルへ行くシティフライヤーが定期運行しています。 シャトルバス(英語)やタクシーも利用できます。所要時間や料金の目安はこちらサイト内のクライストチャーチ空港のページを参照してください。 

市内バス

市内バスはランギオラ、ワイクク・ビーチ、バーナムといった郊外へもリンクしています。乗り場ルートマップ時刻表などの詳細はそれぞれのページ(英語)をご覧ください。運賃は1ステージNZ$4からです。

循環バス

ホップオン・ホップオフ・ツアー 35ドルから
中心部を走るレッドライン(CENTRAL TOUR)、夏期は30分ごと、冬期は1時間毎に運行しています。循環ルートはこちら(英語)。

トラム

トラム・ショップはトラムの始発駅。カフェやお土産店などが入居しているほか、主要なホテルから徒歩圏内でアクセスも便利です。移動手段というよりも、楽しく市内観光するのに最適な歴史的なアトラクションです。チケットは大人1名NZ$25です。詳しくはウェブサイト(英語)をご覧ください。

フェリー

ブラックキャット・フェリー(英語)はリトルトンとダイアモンド・ハーバーの間を運航しています。運賃は往復でNZ$13です。

続きを読む閉じる

クィーンズタウン

ワカティプ湖畔に位置するクィーンズタウンの中心部は徒歩で観光できます。滞在中にアドベンチャー・アクティビティやツアーに参加するなら、現地手配会社がシャトルサービスの送迎を提供しているので予約時に確認しましょう。

空港から市内へ

クィーンズタウン空港から空港から市内へのバスは15~20分ごとに運行されています。バス(英語)、 エアポート・シャトル(英語)やタクシーも利用できます。所要時間や料金の目安はこちらサイト内のクィーンズタウン空港のページを参照してください。 

市内バス

市内バスのサービスは、クィーンズタウン中心部と空港、アロータウン、ジャックスポイントなどの郊外を結んでいます。 運賃はNZ$5です。ゴーカード(GoCard)を購入すればルート上のどこへ行くにも乗車1回NZ$2です。ただし空港のみ別料金です。時刻表や地図など詳細はこちらのパンフレットを(英語)ご覧ください。

クィーンズタウン・ウォーター・タクシーは湖のフランクトン・アームにあるヒルトン・ホテル近くまで運航しています。片道NZ$10です。時刻表や航行ルートなど詳細はウェブサイト(英語)をご覧ください。

リマーカブルズコロネット・ピークトレブル・コーンカードローナそれぞれのスキー場へは送迎シャトルのサービスがあります。

続きを読む閉じる

ウエリントン

ウエリントンの市内中心部、ビジネス街はコンパクトにまとまっているので、どこへでも歩いていけます。市内バスのほか、ダウンタウンと郊外を結ぶ列車やフェリーも利用できます。

空港から市内へ

ウエリントン国際空港からエアポート・フライヤーが市内と郊外へ運行しています。 シャトルバス(英語)も利用できます。所要時間や料金の目安はこちらサイト内のウエリントン空港のページを参照してください。 

市内バス

バスのネットワークは広範囲にわたり、中心部と郊外をくまなく結んでいます。運賃はNZ$2.00からです。時刻表運賃の詳細はそれぞれのページ(英語)をご覧ください。

列車

ダウンタウンと広い地域を結んでいます。ワイララパのマスタートンやワイカナエを結ぶ4ルートを運行しています。運賃はNZ$2.00からです。時刻表運賃の詳細はそれぞれのページ(英語)をご覧ください。

フェリー

ダウンタウンのクィーンズ・ウォーフ(埠頭)からシートーン、マティウ/サムス島、デイズ湾へ運航しています。運賃は片道NZ$11です。 時刻表運賃の詳細はそれぞれのページ(英語)をご覧ください。

ケーブルカー

ウエリントンで一番人気のアトラクションでもあるケーブルカーに乗れば、ダウンタウンからウエリントン植物園まで上ることができます。運行表や運賃など日本語の詳細はこちら

続きを読む閉じる
ウエリントン
ケーブルカー, ウエリントン

Ian Trafford

有名なウエリントンのケーブルカーは、ラムトン・キーのダウンタウンから丘を登り、植物園に到着します。

ダニーデン

ダニーデン中心部の見どころはオクタゴンを中心に徒歩圏内にありますが、野生動物を見に行くオタゴ半島ラーナック城は離れているのでツアーに参加するのがおすすめです。

空港から市内へ

ダニーデン空港からからはインターシティなどの地域バスが運行しています。 シャトルバス(英語)やタクシーも利用できます。所要時間や料金の目安はこちらサイト内のダニーデン空港のページを参照してください。 

市内バス

バスはダウンタウンとモスギール、ポート・チャーマーズ、パーマストンなどの郊外を結んでいます。運賃はNZ$2.60からです。乗り場やルート、地図はこちらのパンフレット(英語)をご覧ください。最新の時刻表はこちら。

続きを読む閉じる
ダニーデン
ダニーデン鉄道駅, ダニーデン

David Wall

象徴的なダニーデン駅は、もはや主要な交通機関の起点ではありませんが、タイエリ峡谷へ行く風光明媚な列車の出発駅となっています。

ロトルア

ロトルアの主要な観光スポットの多くは市内中心部にあります。車がなくても見所や観光スポットの間を移動するなら、ガイザー・リンク(英語)やサーマル・シャトル(英語)などのシャトルサービスを簡単につかまえることができます。

空港から市内へ

ロトルア空港からは市内バスのルート10(英語)を利用できます。滞在先まで送迎してくれるエアポート・シャトル(英語)も利用できます。

市内バス

市内バスは中心部周辺と、テーマパークの集まるノンゴタハ地区やロトルア空港を結ぶ11のルートがあります。運賃はNZ$2.70からです。路線図はこちら。

続きを読む閉じる

ハミルトン

空港から市内へ

ハミルトン空港からからダウンタウンまではエアポート・シャトル(英語)を利用できます。

市内バス

バスはダウンタウンからテ・アワのショッピングエリアやハミルトン・ガーデンズの隅々までを結んでいます。運賃はNZ$3.30からです。ハミルトン中心部郊外のルートや運賃はそれぞれのページ(英語)をご覧ください。

自転車レーン

ワイカト川に沿って市内を横断する遊歩道兼自転車レーン、テ・アワ・リバー・ライド(英語)の利用もわかりやすく便利です。

続きを読む閉じる

おすすめの関連情報

国内での移動 →

レンタカー →

人気のモデルコース →

楽しむ →